澪つくしあらすじ 75話ネタバレ感想 / 律子が築地小劇場で演劇? キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 106話ネタバレ感想 / 梅木遊びか?ツエさん! キャスト再放送朝ドラ 未分類

スポンサドーリンク





 

2020年12月16日(水)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、川野太郎、柴田恭兵、明石家さんま、織本順吉、鷲生功、鷲尾真知子、浜田晃、草笛光子、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回74話 TOP 次回76話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

かをる(沢口靖子)と惣吉(川野太郎)は、千代さんの葬儀に出かけ、門前で梅木(柴田恭兵)に止められます。

納得できないかをるですが、惣吉とるいさん(加賀まりこ)に説得されます。

入兆では、律子(桜田淳子)が演劇の勉強をしに東京へ行きたい、と言い出し、英一郎(鷲生功)は進学を諦めて家にいる、と告げます。

久兵衛(津川雅彦)は二人が逆だったら、と嘆きますが、律子にるいさんが後妻として入るのを見たくない、と言われ、それは無いと否定します。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

お焼香へ行くが
かをると惣吉が、千代さんのお焼香へ行くと、梅木から「旦那様に背いた方のお顔をお見せするわけにはいきません」と断られます。

そこへるいさんが現れると、梅木は、「今日はご遠慮した方が良い」と、かをるのためだと説明します。

かをるは、梅木の判断に納得できませんが、るいさんは梅木の意見に賛成します。

かをるは「構わない」としていますが、るいさんは久兵衛の対面を考え、かをるに諭すと、惣吉は受け入れます。

勘当されたことが、こんなところで影響を及ぼすことになってしまいました。

惣吉慰める

惣吉は、冷静に久兵衛の気持ちを考え、かをるを慰めます。

かをるは、黙って惣吉の思いを受け留めます。

漁師のおきて

弥太郎は、漁師としての仕事はまだまだです。

漁師の須貝に「明日から飯炊きやれ!」と指示されますが、弥太郎は「苦手です。船酔いするので、当分の間、陸揚げをやらさせてもらいます」

弥太郎、やっていけるのか不安しかありません。

弥太郎が、これから食事をしようとすると、漁師たちは、食事が終わります。

漁師は共同作業をするので、船の上のことを考えると、みんな足並みをそろえないといけませんが、弥太郎は、団体行動が苦手なようです。

とねさんと世間話

イワシは安いので、沢山獲って売らないといけませんが、どうして自分たちで、魚の値段が決められないのか、かをるは疑問です。

漁師は、仲買人の入札に任せるしかないのです。

とねさんは、競りで買ってもらえない時の悔しさや、漁師の宿命を話します。

そんなとねさんに、かをるは慰めます。

とねさんは、久兵衛の後妻さんのことを話題にすると、かをるは、後妻になるために千代さんの面倒を見たと言われたくないから、後妻は断ると説明します。

千代さんの思い出話し

久兵衛は、千代さんとはお見合いで一緒になったけれど、惚れていたと、英一郎と律子に話しますが、3人きりになってしまいました。

すると律子が、四十九日が過ぎたら、東京へ行きたいと言い出します!

築地小劇場で、演劇をしたいと言うのですが、当然のごとく久兵衛は許しません!

律子は、どうして東京へ出たいのか理由を話し始めます。

これから律子が主人公の物語には、なりません・・・

感想

納得する惣吉

かをると惣吉が、お焼香へ行くと、梅木に断られました!

絶対、梅木の嫉妬が混じっているんじゃないかと思っていると、るいさんが、ちょうど現れます!

かをるは強気に「梅木さんに言われる筋合いはない」と反発しますが、るいさんが、名取夫妻も来ているのでと、世間体がうるさい時代です。

惣吉は素直に従いますが、いざと言う時、スマートな対応が出来、それでいて、かをるをやさしく支えてくれて、素敵!

だらしのない弥太郎

弥太郎は、集団行動が苦手で、楽することばかり考えて、漁師に向いてなさそう。

漁師たちは、そんな姑息な弥太郎を、おちょくっておかしいw

良いお嫁さん
イワシがどんなにたくさん獲れても、安く売られることになって、悔しくても、従うしかありません。

おまけに、漁師は、必ずしも畳の上で死ねるわけにいかず、「命がけなんだから、少しは良い思いをさせて欲しい」と、生前、文吉が話していたと、とねさんが言うと、かをるは「港が出来て、新造船が出来るまで生きて欲しかったですね」と、良いお嫁さん。

文吉は、あの世で喜んでいるだろうな。

律子が東京へ?

千代さんが亡くなって、久兵衛と英一郎、律子の3人になってしまいました。

すると、律子は、東京へ行って、築地小劇場で演劇をやりたいと言います!

久兵衛と律子は、ほんと相性が合わないというか、久兵衛、また頭が痛そうで気の毒。。

しかし英一郎は、自分は、勉強ができないので家にいるけれど、律子は銚子で終わるような人でないから許して欲しいと、ほんと良い子です。

律子は、「どうせるいさんが後妻になって、この家でるいさんと仲良くしているところを見たくない」と、これが律子の本音ですね。

どんなにるいさんが、良い人だとしても、律子の気持ち、わかるなぁ~

「死んでからも、俺を管理するつもりか?千代」と、情けない久兵衛ですが、自業自得でしょう?

この世の未練はみじんも残っていないような千代さんの遺影が、かわいいww

引用元:

<<前回74話 TOP 次回76話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました