澪つくしあらすじ 76話ネタバレ感想 / ハマさん!お暇をください キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2020年12月17日(木)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、川野太郎、根岸季衣、明石家さんま、織本順吉、安藤一夫、浜田晃、三田村賢二、草笛光子、津川雅彦

<<前回75話 TOP 次回77話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

弥太郎(明石家さんま)が漁師仲間から痛めつけられているのを惣吉(川野太郎)が止めます。

漁師たちの陸者(おかもの)に対する偏見は根強いものがあり、力強く説き伏せた惣吉を頼もしく感じるかをる(沢口靖子)です。

律子(桜田淳子)が外川へやってきて、るいさん(加賀まりこ)に久兵衛(津川雅彦)の後妻になるよう勧めてくれとかをるに頼み、上京します。

新造船の完成を機に、とねさん(草笛光子)は惣吉を親方にしたい、と言いだします。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

弥太郎ケンカ
何をやらかしたのか、弥太郎は、漁師たちにボコボコにされています。

かをるは、驚いて止めに入りますが、漁師たちは全然言うことを聞きません。

そこへ惣吉が入って来て、なんとかおさまります。

漁師たちが弥太郎のことを「醤油臭い」と言ったことが原因でした。

惣吉は、弥太郎をかばいますが、弥太郎は、調子にのって・・・

惣吉は、荒くれな漁師をまとめあげ立派ですが、漁師たちは納得したのか不安。

惣吉は、かをるに、父が活躍していたころの景気の良かった話しをします。

かをるは、イワシが獲れなくなったのは陸者が嫁に来たから?と卑屈に思いますが、惣吉は、きっぱりと否定ししっかりしています。

律子が外川へ
昭和4年の恐慌から、あっと言う間に昭和5年の正月です。

松飾が取れたころ、律子がひょっこり外川を訪れます。

東京へ演劇の勉強をすると知らせに来ましたが、不況のあおりが律子の服装にも現れているようです。

かをるは、千代さんが亡くなったばかりなので、久兵衛がかわいそうだと、律子と割って話せるようになりました。

律子は、このまま銚子にいても何もないと返します。

そして律子は、るいさんに後妻に来てくれるように、働きかけてほしいと頼みます!

とうとう後妻、キターーーーーー

るいさんが後妻になることは、千代さんの遺言であり、誰も反対する人はいません。

律子にとっては、自分が東京へ行き、久兵衛のそばにるいさんがいてくれた方が一番良い選択だと思ったのでしょう。

ハマさんが

久兵衛が、一人手酌でわびしく飲んでいると、ハマさんが「お暇をください」と言って来ました!

千代さんには尽くしてきたけれど、誰が後妻さんに来るかわからないが、その人の世話はしたくないようです。

新造船の進水式

4月22日、利根川丸の新造船が来ました!

惣吉は、新造船にお神酒をかけ、夜は宴会です!

翌日は、吉武家一家で、文吉の墓参りに行き、新造船の報告です。

とねさんは、これを機に、惣吉を親方にすると言います。

一人前になったと認めてくれますが、惣吉は「まだ早い」と戸惑います。

感想

弥太郎またか
いきなり弥太郎が、漁師たちにボコボコにされています。

原因は、漁師たちに醤油臭いと言われたことが原因ですが、弥太郎は、漁師向いていないと思う。

それに、漁師の事をなめていそうなので、漁師たちの気持ちもわかります。

しかし、惣吉は、こんな弥太郎にも可能性を見出して、エライ!!!

入兆から来たことで惣吉の評価が甘いのではと思われて、漁師たちの言い分もわかります。

惣吉は、総領として「よそ者だとケツの穴の小さいことを言って、漁師ができるか!」

きゃー素敵!!!

「親父は誰でも受け入れて、仲間にする男だったじゃないか」

ひゃ~~~

かっこいい!!!
いい感じの夫婦

惣吉はかをるに、父が漁師として活躍していた時は、イワシが大漁に獲れて、その漁師のだいご味を話して聞かせます。

海の恵みをたくさん、この手にできる喜びがわかるよう。

かをるは、イワシが獲れなくなったのは、陸者の自分が来たせいなのではと卑屈になりますが、惣吉は、きっぱり否定!

惣吉の思いやりが、とても良く分かります。

大人になった?律子

律子は、東京へ行くと、かをるに知らせに来ました。

地味な服装が、入兆もたいへんなことになっているのかと思わせます。

るいさんに後妻に来るように働きかけて欲しいと、律子、性格が丸くなった感じ。

津川さんかっこいい!!!

律子が東京へ行ってしまい、一人寂しく手酌する久兵衛ですが、手の震え加減が、ちゃんと一人酔っている雰囲気が出ていて、津川さんの芸が細かい!!!

わびしいのが伝わってきます!

ハマさんが

そこへハマさんが紀州に帰して欲しいと久兵衛のところへ来ました!

千代さんには、誠心誠意尽くしたけれど、他の人の世話はしたくないと、奥さま思いでしたからね。

久兵衛にとって、このタイミングでハマさんにいなくなられるのは、痛いだろうな。

新造船

やっと発注した新造船が出来上がりました!

お神酒で清めて、夜は宴会!

吉武家が盛り上がっている時、弥太郎は、少しは漁師の世界に慣れたのかもしれないけれど、う~~~ん、やっぱり漁師、似合わない!

惣吉が親方
新造船が来たことで、とねさんは惣吉を親方に指名しました!

惣吉は、まだ早いと言いますが、新しい船に相応しいんじゃないかな。

凛々しい反面、謙虚なところが、かをるにはたまらないのかも!

引用元:

<<前回75話 TOP 次回77話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました