澪つくしあらすじ 83話ネタバレ感想 / とね英一郎の心配払しょく キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク


2020年12月25日(金)

澪つくしキャスト

沢口靖子、川野太郎、柴田恭兵、根岸季衣、内藤武敏、鷲生功、鷲尾真知子、安藤一夫、八木光生、草笛光子、津川雅彦

<<前回82話 TOP 次回84話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

入兆では、梅木(柴田恭兵)が高神村で騒動があったと知らせ、名取村長(内藤武敏)が惣吉らの襲撃を受けたと聞き、久兵衛(津川雅彦)は憤慨します。

暴動を受けた名取村長は、記者たちに囲まれ、辞職の可能性も問われますが、断固として辞職はしない、と態度は変わりません。

外川には、かをる(沢口靖子)の心配をして、英一郎(鷲生功)が訪ねてきますが、かをるは気丈に、残された漁師たちの相談に乗って、励ましていました。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

単に愛される嫁の面だけではなく、かをるは、しっかりしています。

律子のいない坂東家では、久兵衛と英一郎が、二人きりでそうめんをすすっています。

ハマさんは、わびしいものを感じるのか、奥さまの新盆なのに、律子が帰って来ないと心配しています。

そこへ、そんな話題を打ち消すように、梅木が、村長が襲撃されたことを伝えに来ます!

久兵衛は、もちろん妹の夫である名取庄右衛門のことが心配です。

村長室

村長は、記者を相手にことの次第を説明しますが、記者からは、今回の騒動の原因は村長にもあるのではと突っ込まれます!

村長は、当然のことながら、辞職することなど考えていません。

吉武家では

惣吉たちがいなくなった吉武家ですが、残った人員で漁に出たらどうかと話し合われます。

船の上は命がけなので、仲間意識の薄い、よその乗組員と一緒に船に乗るのは簡単なことではありません。

そこへ、暴動を心配した英一郎が吉武家を訪れますが、村長側の人間と見られて厳しい対応を受けます。

英一郎は、それにもめげず、陸者(おかもの)のかをるが、板挟みになっているのではと心配です。

しかし、しっかり者のとねさんは、そんな英一郎の心配など、払しょくします!!

とねさんは正直に、キレイごとだけではない、今回の騒動の経緯を説明します。

かをるが、惣吉を罪人にするまいという気持ちに、惣吉が離縁するとまで言った。

お互いに苦しみ、その結果、惣吉は意思を通し、かをるは吉武家の嫁になり切った!

英一郎は、ことの真相と、とねさんの思いを聞いて素直に受け留めます。

久兵衛にはない、とねさんの歯切れの良い理解ある態度にふれ、英一郎は安心できるでしょう!

感想

穏やかな坂東家

吉武家の荒々しさとは違い、律子がいなくなった坂東家では、久兵衛と英一郎が、二人そろってそうめんを食べて、穏やかに見えます。

それにしても律子がおらず、ハマさんが間にいるのは、寂しい光景。

何事もなく過ぎるかと思っていたら、梅木が、暴動があったと知らせてきました!

梅木、さすが情報が早い!

被害者意識の強い村長

記者を相手に、ことの次第を説明する村長ですが、絶対、自分は悪くないと言い張るつもりだろうな。

タチが悪そう。

英一郎参上!

惣吉たちがいない吉武家、漁にしばらく出られないとあっては、吉武家の台所事情が、ますます厳しくなります。

そこへ、英一郎が訪ねて来ました!

善吉よりも、英一郎の方が和む管理人。

しかし、吉武家の事務員さんは、英一郎が、村長側の人間だと思って、かなり感じ悪いです。

英一郎は、それにもめげず、かをるを心配しますが、かをるは、惣吉は、貧しい村の人たちのことを思ってしたことなので、誇りに思っていると!

とねさんは、さらに詳しく、ことの経緯を話し始め、かをると惣吉は、本当にお互い惚れ合っているから、久兵衛に、けして引き裂くようなことはしないで欲しいと、英一郎に伝えます。

信頼を損なわないように、英一郎にとうとうと話し聞かせ、とねさん、立派!

かをるも立派!

漁師たちの残された家族が、かをるに泣きつきますが、かをるは外川のみんなのために立ち上がったと、若いのに気丈に交わし立派!!!

ハマさん丸くなった?

外川の漁師たちが暴動をおこしたと聞いたハマさん、かをるを引き取ったらと話しますが、えっ???

いつの間にか、いい人ハマさんにキャラ変した?

それにしても連行される惣吉を、ひたすら信じて待とうとするかをるの真剣さが良いです!

頑張れ!!!
引用元:

<<前回82話 TOP 次回84話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました