澪つくしあらすじ 87話ネタバレ感想 / 佐倉惣五郎!昼ドラ枠?村長牢屋へ! キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2021年1月6日(水)

澪つくしキャスト

沢口靖子、川野太郎、明石家さんま、織本順吉、安藤一夫、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回86話 TOP 次回88話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

久兵衛(津川雅彦)は酔って、るいさん(加賀まりこ)に愚痴をこぼしますが、るいさんはそんな久兵衛をやさしくなだめます。

惣吉(川野太郎)たち捕まった漁師は、36日ぶりに保釈され、惣吉はかをる(沢口靖子)に留守中家を守ってくれたことを感謝し、明日からの漁にやる気を見せます。

久々に漁に出た漁師たちが漁の後、納屋で一杯飲んでいると、村長と収入役が捕まったと源さん(織本順吉)が伝え、さらに盛り上がる漁師たちでした。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

名取庄右衛門のことで面白くないのか、久兵衛は、るいさんのところで酔いつぶれています。

久兵衛は、自分の間違いだったらしいと認め、敵ながらあっぱれとばかり、惣吉のことを佐倉惣五郎だと例えました。

律子が関わる男にはロクな男がいませんが、かをるの男を見る目には間違いがなかった!

面白くない久兵衛は、るいさんに「布団を敷いてくれ」と頼みますが・・・

確かに千代さんが亡くなって、まだ1年ほど・・・って昼ドラか!?

惣吉帰って来た

10月12日、惣吉たちは36日ぶりに外川へ帰ってくることができました。

みんなで祝いの酒です!

久兵衛とは違い、かをるは久々に一人寝の寂しさから解放されます!

惣吉は、かをるに苦労をかけたと労いますが、まだ裁判がどうなるのかわからないので、今のうちにやらなくてはいけないことが沢山あると話します。

弥太郎の与太話
惣吉の凛々しい顔を見られてホッとしたと思いきや、牢屋へ入っていた漁師と居残り漁師たちが互いの苦労を話します。

すると、居残りの漁師の弥太郎が、自分も牢屋へ入っていたことがあるともらし、ホントかなと思うような、弥太郎の与太話が始まります。

そこへ凄みの効いた源さんが、村長が牢屋へ入ったことを知らせてきました!

漁師たちの苦労が報われました!

村長は背任横領罪の罪を問われ重い話しですが、惣吉の包容力ある姿に、かをるは安心できるのでは。

佐倉惣五郎

久兵衛が惣吉を佐倉惣五郎に例えますが、佐倉惣五郎って誰?なので、ちょっと調べました。

江戸時代初期、佐倉惣五郎は、現在の成田市で苛政に苦しむ農民の窮状を伝えるべく、徳川家綱に直訴。


庶民の悲劇のヒーロー「農民の神」として「東山桜荘子」「花雲佐倉曙」「義民佐倉宗五郎」などの芝居や講談、浮世絵、映画の題材となり、福沢諭吉に「唯一佐倉宗五郎を鑑とせよ」とまで言われた人物なのだそうです。

佐倉惣五郎を祀るお寺があります。

久兵衛は、お囲いさんを囲うような女好きと言っても、正義感のある人物なのだと思います。

そんな血を、かをるは受け継いだからこそ、惣吉と結ばれたのかもです。

感想

久兵衛悔しいだろうな
あれほど反対したかをるの結婚相手が、正義感の強い男だとわかり、久兵衛は面白くないのだろうな。

るいさんに甘えたくなる気持ち、わからなくありませんが、るいさんはなぜか拒みます。

千代さんが亡くなって1年ほどと思っていたら、久兵衛の後妻さんの話しのことで遠慮していた・・・めんどくさ、、

惣吉が帰って来た!

やっと惣吉が帰ってきました!

惣吉の清々しい姿が良いです!

惣吉は、ずっとかをるのことを考えていたと言って、かをるを抱きしめますが、自分のことを信じて待っていたかをるのこと、愛おしくてたまらないだろうな。

惣吉は「明日から、また働くど!」かっこいい!!!

村長が!

弥太郎が、自分は人を殺めたことがあると話出しますが、出たー

それよりも、源さんの凄みの方が圧倒された!

村長が、牢屋へ入ったと知らせてきましたが、やっと漁師たちの話が通ったのですね!

良かった~~~!!!

やさしい惣吉
村長が捕まって良かったのですが、惣吉は、かをるのことを気遣い、余計、久兵衛との関係が悪くなると心配しますが、惣吉の誠実さが伝わって素敵!!

しかも「いつか謝りに行こう!2つ3つ殴られる覚悟でな」

うわっ~~~この包容力!!!

惣吉と一緒だったら、どんなことも乗り越えられるかも!

引用元:

<<前回86話 TOP 次回88話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました