澪つくしあらすじ 98話ネタバレ感想 / 善吉夜遊び!惣吉も廓へ? キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 102話ネタバレ感想 / 律子は知っている!惣吉が遭難! キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2021年1月19日(火)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、川野太郎、明石家さんま、織本順吉、牟田悌三、鷲尾真知子、安藤一夫、村田雄浩、浜田晃、三ツ矢歌子、三田村賢二、竹内のぶし、津川雅彦

<<前回97話 TOP 次回99話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

律子(桜田淳子)は、被害者と認められ、送検を免れます。

かをる(沢口靖子)はその身柄を預かり、面倒をみていましたが、そこに入兆の職人だった小浜(村田雄浩)が訪ねてきました。

小浜は追放された後、律子に言われた通り軍人になり出世するべく、陸軍士官学校に入っていました。

何しに来たのか小浜に聞くと、結婚を申し込む、と言いますが、律子は断り追い返します。

その一方で吉武家では、善吉(安藤一夫)の廓通いがまた別の問題となっていました。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

河原畑が引き起こした無理心中は、方々へ思わぬ波紋を広げました。

ショックを受けた律子を、かをるが世話します。

律子には、母の千代さん亡き後、やすらぎと安心を与えてくれるかをるの存在は大きいのでは。

そこへ、広敷にいた小浜敬助が、吉武家を訪れます。

小浜と言えば、かをるのお見合いを小芝居で破談にさせ、入兆を追い出された男です。

惣吉と結ばれ幸せになったかをるは、そんな黒歴史のことは、おくびにも出さず、快く小浜に会います!

小浜は、陸軍士官学校の生徒で、銚子へ来たのは4年ぶりです。

律子に言われたことを真に受け軍人になり、新聞で律子のことを知った小浜は、今こそ自分の想いを打ち明けようと、わざわざやって来たのです。

ところがクールな律子は、小浜に軍人に向いていると言った理由を話しますが、律子の悪女全開です!

当然、真実を知った小浜はショックを受けます・・・

ともかく良くも悪くも男の縁が切れない律子です。

不漁は律子が原因?
納屋の連中が、不漁なのは、”おかもの”がいるからだと不満気です。

かをるとしては、ゆっくり律子に療養してもらいたいのでしょうが、納屋の連中には、どうでも良いことなのでしょう。

そこへ弥太郎が松岸から帰って来ますが、フラフラと良く遊びに行きますが・・・

善吉が夜遊び?

お年頃の善吉は、弥太郎と飲みに行っていたと言いますが、自分の働いたお金ではありません!

惣吉は、弥太郎からことの次第を聞き出しますが・・・

責められた善吉は、ふと・・・

純愛を貫いたと思っていたのに、惣吉のイメージが悪くなりそう、、、

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

<<前回97話 TOP 次回99話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました