澪つくしあらすじ 102話ネタバレ感想 / 律子は知っている!惣吉が遭難! キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク


2021年1月23日(土)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、川野太郎、根岸季衣、明石家さんま、高品格、織本順吉、なべおさみ、鷲生功、草笛光子、鷲尾真知子、浜田晃、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回101話 TOP 次回103話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

かをる(沢口靖子)が妊娠して、吉武家は盛り上がります。

とねさん(草笛光子)は潮来の旅が良かった、ツエ(鷲尾真知子)は子宝石が効いた、と手柄の取り合いです!

ツエが入兆へ報告に行くと、久兵衛(津川雅彦)やるいさん(加賀まりこ)たちも祝福ムードです。

9月に満州事変が勃発。

英一郎(鷲生功)が手を出していた大豆相場が暴落し、四千円の借金の取り立てが来て、久兵衛は激おこ!

10月には荒天に惣吉(川野太郎)の船が巻き込まれ・・・

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

週末になり、やっと朝ドラらしい展開になりそうだと期待していると・・・

かをると惣吉の間に、待望の赤ちゃんが生まれることになり、惣吉をはじめ、納屋のみんな、とねさんとおめでたを喜びます。

律子は知っている
ハマさんは、かをるが順調に幸せになっていくのに、律子の人生は、自分から幸せを遠ざけているようで、つまらなく思えるのかもしれません。

律子は律子で、ハマさんと梅木の関係をわかっていました。

ハマさんは、自分のようなアラサーのシンママを梅木ほどの人が、本気で相手にするハズがないと諦めています。

律子は、ちゃんとハマさんが、このところキレイになったことを見抜いています。

本妻になったるいさんは、かをるのおめでたに、娘のように可憐に喜びますが、ハマさんは、自分の立場を良く分かっていて、梅木を好きなのに叶うことがないと諦め対照的です。

金貸しの真鍋が
昭和6年9月、満州奉天(現在の瀋陽市)近郊の柳条湖(りゅうじょうこ)付近で、満鉄の線路を爆破した事件をきっかけとし、関東軍による満州全土を占領。

満州事変から15年戦争の始まりです。

その影響が、こんなところにも・・・

かをるは、惣吉の保釈金のために、金貸しの真鍋を頼りにしたことがありましたが、その真鍋が、入兆にいます。

今度は、英一郎が真鍋から4000円ものお金を借金したのです。

村長が2万円の横領したことを考えると、かなりの大金ですが、遊郭に入れあげたのかなと疑うと、理由は商品相場でした。

満州事変により相場が暴落。

素人が簡単に大金を手に出来ないことは現在も同じ。

久兵衛、またしても激おこです!

遭難
10月、嵐で海は大荒れ、惣吉の乗っている利根川丸の安否が気になります。

かをるがお嫁に来て3年になりますが、今回は、ただならぬ胸騒ぎを感じます。

大嵐の中、船が沈まぬように乗組員たちは船の中の水をかき出し頑張っていると、ふとした瞬間に惣吉が・・・

感想

赤ちゃんが!

かをると惣吉に、赤ちゃんが生まれることになりました!

二人の喜びようは、微笑ましい限り。

もちろん二人を取り囲むみんなも、喜んでくれて朝ドラらしくて良かった~w

とねさんは潮来への旅行へ行ったことが良かったと言えば、ツエさんは子宝石だと言い、どれもこれも効果があったと思う!

ハマさんの想い
ハマさんは、律子が小学生のころから見てきて、早く幸せになって欲しいと素直に思っていると思います。

それなのに、律子は、お囲いさんを囲った久兵衛を見て育ったせいか、結婚に対してあまり積極的というか素直になれないのではと思う。

ハマさんは自分の想いを閉じ、律子に、どうして梅木との話を断ったのかと聞きますが、律子は、ハマさんと梅木の関係を知っていました。

早苗さん情報か?

ハマさんは、自分は、梅木の一時の慰み者と思っているのだと思う。

紀之が懐いているのに、切ないな~

相場に失敗した英一郎

英一郎は勉強はダメですが、それでも英一郎なりに考えているのだと思います。

入兆の経営が厳しい状況になり、なんとかしたかったのだと思うが、久兵衛にしてみたら、英一郎など、まだまだ修行が足りない。

素人同然の英一郎が、経理の桑原の入れ知恵で、相場に手を出し失敗!

実地を通して痛い思いをすることになったが、これも勉強にはなった。

それにしても額が、大きすぎた!

惣吉が

漁に出た惣吉に、まさかなことが起きました。

大嵐の中、船が沈まないようにと、みんな懸命になり、船の中の水をかき出しています。

すると、惣吉は大揺れの船から、放り出されてしまった!

命綱をつけるなどということはしなかったのだろうか???

自然を相手に、けしてなめていたわけではないだろうから、事故としか言いようがないのだろうな。

それにしても潮来からの急転直下!

かをるの笑顔が浮かんでくるが、激しすぎる~~~

引用元:

<<前回101話 TOP 次回103話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました