澪つくしあらすじ 105話ネタバレ感想 / 産みたかった!嫁の鏡!入兆 キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク


2021年1月27日(水)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、柴田恭兵、明石家さんま、織本順吉、鷲生功、鷲尾真知子、安藤一夫、浜田晃、草笛光子、三田村賢二、竹内のぶし、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回104話 TOP 次回106話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

葬儀の途中倒れたかをる(沢口靖子)は病院へ運ばれましたが、妊娠中の子どもは流産してしまいます。

とねさん(草笛光子)は、病院へかをるの見舞いに行きますが、久兵衛(津川雅彦)に追い返されてしまいます。

久兵衛は、勘当を解き入兆へ連れて帰る、と言いますが、かをるは拒否します。

るいさん(加賀まりこ)は、すぐには働けないのだから、入兆で安静にしていよう、と諭します。

入兆へ帰ってきたかをるは、律子(桜田淳子)英一郎(鷲生功)と穏やかな時間を過ごします。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

惣吉の葬儀では、久兵衛の訪問に不満な納屋の連中が起こした騒ぎで、多大なストレスとなったかをるは、お腹を抱え倒れてしまいます。

すぐに病院へ運ばれましたが、残念なことに流産に。

やっと吉武家と和解できたかと思っていたのに、久兵衛は今回のことで、かをるを入兆に引き取ると考えを改めてしまいます。

とねさんが、お見舞いに訪ねて来ましたが、久兵衛は顔も見たくないのか断ります。

流産をしてしまったかをるが、一番気の毒なことは言うまでもありませんが、とねさんもまた息子を亡くし、流産した嫁と会うことを許されず、二重の不幸となってしまいます。

葬儀の場にとねさんがいたら、若い衆を一喝して、場がおさまったかもしれません。

源さんが、騒ぎを起こした納屋の連中を叱りつけますが、今頃な感じです。

嫁の鏡
そして久兵衛は、かをるに2~3日したら退院できるから、勘当を解いて入兆へ引き取ると話しますが、これも今頃?

ところがかをるは、吉武家の嫁として、外川へ帰ってやらなければならないことが山ほどあると、入兆へ戻るつもりはありません。

流産してしまったというのに、かをるの健気さに、久兵衛は「嫁の鏡だ」と感心しますが、それだけではありません。

久兵衛は、納屋の連中の態度に激おこですが、かをるは、漁師たちのことを理解し尊重しています。

令和だったら「納屋の連中のモラハラで流産したのだから、訴えた方が良い」

「心根のやさしいのは、かをるの方ですが、かけがえのない命を亡くしてしまったことも見た方が良い」となりそう。

善吉
憔悴しきったとねさんに、吉武家のこれからを考えるのは厳しそうです。

漁労長の源さんは、吉武家を支えるのは善吉しかいないと話します。

結局、かをるは入兆に戻ることになりましたが、吉武家にはツエさんが残っています。

ツエさん、置いてきぼりで、どうなってしまうのだろう???

感想

かわいそうなかをる

惣吉の葬儀で、とんだ心労を負い、かをるは流産をしてしまいました。

かわいそう。。

さすがに久兵衛は、今回のことで気を悪くして、かをるを吉武家には渡さない!と、わからなくはないけれど、いくらなんでも、かをるに会せず、とねさんを追い返すなんて冷たい。

とねさんにしてみたら、惣吉はいなくなり、かをると赤ちゃんまで、いなくなったなんて切なすぎる。

気持ちが一機に弱ってしまったのか、とねさん、善吉に支えられてやっと動いている感じ。

いい子すぎるかをる

かをるとるいさんが二人きりの時、かをるは、ふと「赤ちゃん産みたかった」ともらします。

惣吉が亡くなり、惣吉とのひと粒だねまでも亡くしてしまったかをる。

悲しみのあまり、泣くに泣けないのだと思います。

せめて子供がいたら、喜びに変えることができたのに、それも許されないなんて、、、

久兵衛は、勘当を解いて入兆で引き取ると言いますが、かをるは「そんな不義理はできない」

なんて、いい子なんでしょう。。。

とねさん

かをるをモデルにした残された絵を見て、とねさん「うだでー」・・・”つらい”という意味のよう。

惣吉のみならず、かわいくて気に入っていたお嫁さんが、帰ってこないなんて、活気をもなくし、一変に幸せを失ってしまいかわいそう。。。

ずん子さんの存在感

流産してしまったかをるの看病を、今度は律子が見ることになりました。

英一郎が3人で暮らせることになったとうれしそう。

律子は、バラバラだった3人が、また集まることができたことをビリヤードに例えますが、シャレオツな意味合いかな?

ともかく、ずん子さんがかをるの側にいてくれて、本当に安心できます。

また言ってしまうけれど、ずん子さんには女優を続けて欲しかった。

まさかずん子さんの演技で感動させられるなんて「去年のトマトは青くてかたかったわ♪」の時には、思いもしなかった!

今なら大河で活躍できそうなので、復帰をお待ちしています!

引用元:

<<前回104話 TOP 次回106話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました