澪つくしあらすじ 112話ネタバレ感想 / 番頭さん梅木の本命かをる後押し キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 152話ネタバレ感想 / ハマさん夫闇業者?梅木もフィリピン キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2021年2月4日(木)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、柴田恭兵、根岸季衣、高品格、牟田悌三、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回111話 TOP 次回113話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

律子(桜田淳子)が帰ってきました。

夜中に、工場で梅木(柴田恭兵)とかをる(沢口靖子)が麹室の改装について話していると、ハマさん(根岸季衣)が、律子が帰ってきた、と呼びに来ます。

かをるが出て行くと、ハマさんは梅木に、最近冷たくなった、と愚痴をこぼしますが、梅木は従業員同士の恋愛は禁じられているから、とつれない。

梅木の様子を心配する番頭さんの小畑(高品格)は、引退するから後任の番頭を梅木に、と久兵衛(津川雅彦)に申し出るのです。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

梅木とハマさんの関係は、しれっと終わったのかと思っていましたが違いました!

梅木ファンには、ショックな内容かもしれません。

昭和7年5月の末、しばらく東京に滞在していた律子が、銚子へ帰って来ました。

かをるは、醤油醸造の蔵を見て、労働者の働きやすい環境を考えます。

なぜか、このタイミングで梅木は、千代さんのお葬式の時、かをると惣吉を門前払いしたことを詫びますが、梅木の本音が語られようとすると、そこへハマさんが現れます!

律子が帰って来たと知らせを受けたかをるは、梅木の前から立ち去ると、ハマさんは梅木に、自分と梅木の関係を問います!

ハマさんは、乙女を通り越して、梅木に未練たらたらな女になっていますが、梅木は、ハマさんが金貸しの真鍋から結婚を申し込まれていることを知っています。

納得できないハマさんは、クビになってもいいから久兵衛に梅木とのことを話すと言います・・・

律子のようにひたすらクールにして、じっと待っていれば良かったのに。

番頭の小畑は、話しを聞いていました。

梅木に、灸をすえるのかと思っていると・・・

番頭さんは、久兵衛に、自分はもう年だから番頭を辞めると言って、その後任に梅木を推します。

スマートな番頭さんは、梅木とハマさんの関係のことは口を割ることなく、墓場に持って行くと思われる。

梅木に覇気がなくなった理由や、梅木の本命はかをるにあることを久兵衛に打ち明けます。

久兵衛は、没落士族出身の梅木のことを子供の頃から可愛がってきたので、将来は番頭にさせるつもりでした。

しかし、久兵衛にとって、梅木とかをるが一緒になったら、これほど心強いものはありません。

昔の商家などは、家業を発展させるためにボンボンで育った実子ではなく、あえて有能な婿養子をとることもあったそうです。

それにしても番頭さんのスマートさや、久兵衛との昔ばなしが洒脱なこと。

感想

律子お嬢さま帰郷
律子お嬢さまが、優雅に入兆へ帰って来ました。

神山さんに「小浜のことは言ってないわよね?」

さすがに、心中事件おこした後、久兵衛を裏切る形で入兆を辞めた小浜と会っていたなんて、間違っても知られたくないよね。

醤油を愛するかをる

家業である醤油づくりを心から愛しているかをるは、働く労働者のことも、ちゃんと考えています。

若いのに、心映えがしっかりしていて尊敬です。

すると梅木が、千代さんの葬儀で、門前払いをしたことを謝りますが、実は、かをると惣吉が一緒にいるところが、我慢できなかったと!

えっ??と思っていると、ハマさんが来ました!

キャー、ハマさん、梅木とかをるのツーショットを見ちゃった!

ハマさん、じりじりとにじり寄って、梅木との関係は終わっていなかったのですね。

梅木は「お互い、過ちを犯した」

えっ~~~~ハマさんは、本気だと思うけどな。

自由恋愛がご法度なのは、ハマさん、わかっているハズ。

所帯を持つ気になっていたのでは?

と思うと、ハマさん、気の毒。

でもハマさん、梅木に抱き着き、そこで抱き着いたらアカン!

重いだけの女になっちゃう!!!

梅木出世?

番頭さんの小畑が、45年勤めた入兆を引退すると言います。

久兵衛は、若い頃に番頭さんから商売のことや釣りのこと、女遊びも教えてもらったと、互いに笑って、なんとも和やか!

番頭さんは「若い頃の話しは御内密に」と、品の良い会話。

番頭さんの芸名、高品格さんて、「品格が高い!」

ハマさんとの関係で、梅木は入兆を辞めたいのでしょうが、それを辞めさせないために、スマートな番頭さんは、梅木の色恋沙汰をキレイにまとめあげたと思う。

当時の年金制度がわからないけれど、久兵衛は、ほんとうに小畑が入兆に尽くしてくれたことを感謝して、一生面倒をみてやると言いますが、今となっては久兵衛のような人は夢物語の人。

しかも小畑は、娘婿が良くしてくれるので、老後の心配はないと。

時代劇と言われても仕方がないのかも。

意見食い違う

久兵衛は、没落士族の倅の梅木とかをるの再婚にノリ気です。

でもるいさんは、惣吉を亡くしたとは言え、まだ若いかをるに、母心として、そんなに早く再婚させようとは思っていません。

それなのに、久兵衛は、亡くなった千代さんの話を持ち出すなんて、るいさん、面白くなさそうにしておかしいwww

引用元:

<<前回111話 TOP 次回113話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました