澪つくしあらすじ 113話ネタバレ感想 / 番頭さん退職ハマさん梅木に謝る キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 152話ネタバレ感想 / ハマさん夫闇業者?梅木もフィリピン キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2021年2月5日(金)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、柴田恭兵、根岸季衣、明石家さんま、高品格、牟田悌三、寺田農、鷲生功、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回112話 TOP 次回114話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

小畑(高品格)が勇退した後の体制が発表され、かをる(沢口靖子)は広告課長代理、梅木(柴田恭兵)は営業部長に、と新たな役職に就きます。

従業員たちは、梅木が後継ぎとして婿入りするのではないかとうわさします。

久兵衛(津川雅彦)は律子(桜田淳子)に、以前梅木との縁談を断ったが、その気持ちに変わりはないか、と聞きます。

律子は、梅木を婿に迎えるのに異存はないが、かをるの気持ちが大事だと答え、ハマさん(根岸季衣)のことを気にします。

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

番頭さんの小畑が、入兆を退職することになりました。

送別会で、高山さんが番頭さんのことを亡くなった人に使う「草葉の陰から」と故人扱いをして失笑を買います。

久兵衛は、番頭さんに「ヒョーショージョー!」と言って表彰状を渡しますが、昭和世代には懐かしいかも。

ヒョー、ショー、ジョー!

番頭さんは、醤油への想いを語りますが、入兆と張り合っているあの人たちに聞かせたい内容です。

入兆の人事異動が発表されますが、番頭さんの後任は、もちろん梅木。

番頭ですが、営業部長のことを指すようです。

年功序列が当たり前だったであろう時代に、若手での営業部長は業界では前例がありません。

梅木の後任の営業課長は、入兆に損害をもたらした英一郎!

かをるは広告宣伝課長代理ですが、かをるならおちょやんの浪花千栄子さんに負けないようなホーロー看板で入兆の醤油も全国区になりそう?

律子は、渉外担当の常務取締役、つまり交際費をたっぷり使え、お小遣いアップで、ちゃっかり都合よく資本主義を享受?

製造責任者の神山さんは取締役に出世することになり、ピロシキの竹田は、神山さんの後任になれるものと期待した模様。

製造部長の当ては外れましたが、入兆の人事を見て、竹田はかをるが婿をとって跡を継がせると勘が働いたようです。

ちなみに、ドラマ本放送時、柴田恭兵さんは34歳で、明石家さんまさんは30歳です!

ハマさんが
るいさんも久兵衛も、かをると梅木を一緒にさせたいようですが、その話をハマさんは立ち聞きしてしまいます。

ハマさんは、つらい現実を思い知らされます。

ナフトールの騒ぎから一変し、入兆は活気を取り戻しました。

ハマさんが、梅木に出世したことへの祝いの言葉をかけ・・・

ハマさんもバカではありません。

入兆の新しい人事は、かをるの叔父にも影響しました。

感想

醤油を愛する番頭さん

あっさりと番頭さんが退職することになりました。

久兵衛にとっては、残念なことだと思いますが、そこは久兵衛。

45年、入兆に尽くしてくれた番頭さんに、心のこもった表彰状を渡します!

そして番頭さんの醤油への愛情ある話し「醤油は日本人の魂」は、いい話しです。

従業員が、商品を愛してナンボ!

そんな従業員を持てた久兵衛は、幸せ者です。

番頭さんには、退職後にもお特別顧問としてお目付け役!

なんだか安心しました~~~!

梅木が出世

番頭さんの後任は、梅木です!

梅木のうれしそうな表情!

なんだか貫禄が備わったように見える!

ハマさんつらい

るいさんや久兵衛は、かをると梅木を将来一緒にさせたいと考えていることを、ハマさんは聞いてしまいました。

いくら梅木のことを好きでも、叶わないことだと現実を直視してしまってつらいな~~~。

すると勘の良い律子が、ハマさんを心配します。

長年、同じ屋根の下で暮らしてきたと言っても、律子に本音など言えるわけがない。

「別れた」なんて、言いたくなかっただろうな。

一人、忍びなくハマさん、かわいそうに。。。

吹っ切れた?

活気を取り戻した入兆で、梅木は快活に仕事をしていると、ハマさんが声をかけます。

関係の壊れた二人の間では、ハマさんがどんなことを言っても、素直に受け留められなくなった梅木。

それでも、ハマさんは梅木に「おめでとう」と言って立ち去りますが、あ~~~~

梅木は、ハマさんの後姿を見て、一瞬、これで良かったのかと迷ったんじゃないかな。

勘違い清次
弥太郎といい、勘違いな人がここにもいた!

清次が酔っ払って入兆に来ましたが、何を勘違いしたのか、重役にしてもらえると思っている厚かましさ!

こんな叔父を持ったかをるは、ひたすら呆れているでしょうね。

どうしようもない清次に、水をぶっかけて笑っちゃいました!

樽屋ではなく、かをるのホーロー看板でも作り始めたら良いのに。

引用元:

<<前回112話 TOP 次回114話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました