澪つくし ツエさん役(鷲尾真知子)もウワサされる?!あらすじ 117話ネタバレ感想 / キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 152話ネタバレ感想 / ハマさん夫闇業者?梅木もフィリピン キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2021年2月10日(水)

澪つくしキャスト

沢口靖子、柴田恭兵、明石家さんま、鷲生功、高野嗣郎、鷲尾真知子、葛西和雄、加藤善博、速川明子、重松収、秋山武史、三ツ矢歌子、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回116話 TOP 次回118話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

宣伝会議で、かをる(沢口靖子)が優秀な販売店を旅行に招待しよう、と案を出すと、久兵衛(津川雅彦)はそのチラシの文案を梅木(柴田恭兵)と二人で考えろ、と指示をします。

その頃東京では、律子(桜田淳子)が小浜(村田雄浩)と再会していました。

律子は小浜を、男性としての魅力を感じる、と見つめ、小浜も見つめ返します。

久兵衛(津川雅彦)は梅木との再婚に反対する英一郎(鷲生功)を叱り飛ばしますが、それは英一郎を鍛えるためでした。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

入兆ではかをると梅木の行方が感心の的になっていますが、かをるには、そんなことよりもつらいことが・・・

宣伝会議
当の本人たちは、ウワサになっていると知ってか知らずか、入兆の宣伝会議です。

会議を通して久兵衛は、少しでも梅木とかをるに接点を持たせようとしていると思われる。

さすがにかをるも梅木のことを意識し始める予感がしますが・・・

小浜と再会

律子は、東京の喫茶店で小浜と1年ぶりの再会をしています。

瞳を輝かせ恋する律子お嬢さまですが、軍人の小浜と話が平行線です。

しかし律子は、昔の自分とは違うと、小浜の魅力を語り出します!

ピロシキのために働くかをる

小浜と喫茶店でお茶している律子と違い、かをるは、ピロシキの労働環境が少しでも良くなるようにと、畳の張り替え、南京虫の駆除と動き回っています。

こういうところで、差がつく?

出来損ないの英一郎?

久兵衛は、かをるが梅木と一緒にならないようにと、英一郎が焚きつけたと激おこです!

英一郎は、純粋に好きでもない人とかをるが一緒になって欲しくないのです。

かをると梅木が一緒になることは、梅木を婿養子として迎えることになり、入兆の繁栄を考える久兵衛にとっては喜ばしいことです。

しかし、本来後継ぎである長男の英一郎には、厳しい現実です。

かをるは、そのことをわかっているから、梅木とのことを断ったのかもしれません。

久兵衛は、英一郎に、さらに厳しい言葉を投げつけます!

そしてかをるや梅木だけでなく、ツエさんもウワサの対象に?

澪つくし ツエさん役(鷲尾真知子)

ツエさん演じる鷲尾真知子さん、本放送の時、36歳。。


あれ~~~こんな素敵な女優さんなのに、、、

津川雅彦さんは、鷲尾真知子さんのことを森光子さんと称するくらい高く評価!

2021年2月現在で71歳になられますが、2021年度後期“朝ドラ”「カムカムエヴリバディ」に出演が決まっています。

ちなみに新橋演舞場での「澪つくし」は、主役を和由布子さん、惣吉役は沖田浩之さんだった模様。

感想

ウワサの二人

ピロシキでは、かをると梅木の二人のことが気になってしょうがないのでしょうね。

久兵衛は、何としてでも、少しでもきっかけを作って、かをると梅木を一緒にさせたいみたいですが、どこか子供っぽくておかしいwww

小浜と再会する律子

律子は小浜と再会しますが、今日のずん子さん、瞳がキラキラ!

ひと際キレイです!

クールにコーヒーか、令嬢らしく紅茶にせず、心中事件など、とっくに忘れたとばかりに初恋の味のカルピスで乙女を演出?

ミルクセーキではないと思うな。

そういうところが、また魔性なんです。

あ~~~あ、これは本当に天性のものですね。

気の毒な英一郎

また久兵衛が英一郎に激おこです。

英一郎は、純粋にかをるの幸せを思っているのに、久兵衛に言わせたら、ただの甘ちゃん。

英一郎にしてみたら、かをると梅木が一緒になったら、梅木が婿養子になって、入兆を継ぐことになるから、つらい立場です。

かをるは、そのことをわかっているから、梅木の話を断ったのかも。

井戸水で、顔を洗う英一郎、彼なりに一生懸命なのに認めてもらえず、悔しいだろうな。。。

千代さんの穏やかな性格を受け継ぎ、商人には向いていないのかもしれないが、出来損ないは、ひどすぎる。

ウワサされるツエさん

弥太郎、梅木に外川にいたころのかをるは、惣吉にぞっこん!って、ウザイというか、ムカつくな!!

弥太郎は、早苗ちゃんにするとか、また勝手なことを言って、早苗ちゃん逃げて~~!

梅木にツエさんをふってと思ったら、予想外のツエさんの反応!おかしいwww

説得するるいさん

惣吉に早く死なれたかをるのことが不憫でならないのだろうけれど、かをるの気持ちもあるのに、仕事ができて従順な梅木を気に入っているるいさんは、かをるを説得します。

結局、るいさんは後妻さんで、英一郎や律子に、表向きは良くしていても、どこかで気を使うから、かをるを手元に置いておきたいのでは?

さすがに結婚は、何のためなのかと考えてしまいそう。

かをるが「お願い!一人にして!」

言いたくなるかをるの気持ちが、わかります。

引用元:

<<前回116話 TOP 次回118話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました