澪つくし 明石家さんま弥太郎がクビ!出演最後で早苗ちゃんと?あらすじ 124話ネタバレ感想 キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク


2021年2月18日(木)

澪つくしキャスト

沢口靖子、柴田恭兵、明石家さんま、牟田悌三、鷲生功、鷲尾真知子、葛西和雄、加藤善博、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回123話 TOP 次回125話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

皇太子誕生(平成天皇)のニュースでめでたい雰囲気の中、英一郎(鷲生功)と久兵衛(津川雅彦)はささいなことで言い争い、そのことで梅木(柴田恭兵)とかをる(沢口靖子)もとばっちりを受けます。

かをるが結婚してしまって気落ちしていた弥太郎(明石家さんま)は素行が悪いからと、久兵衛(津川雅彦)からクビを言い渡されます。

それは年季が明けた早苗ちゃん(速川明子)と一緒にするための作戦だったが、弥太郎は和歌山へ帰る早苗ちゃんを追いかける!
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

女性天皇にグローバル?

昭和8年12月23日、天皇家に明仁皇太子のご誕生です。

世界恐慌、国際連盟脱退!など重苦しい状況ですが、国民はお祝いムードです。

ツエさんは、女性天皇ではダメなのかと、まるで令和の話題の先取です!

男尊女卑の強い久兵衛は「女が天皇になれるわけがない!」と一刀両断!

当然、坂東家も英一郎が継承すると、久兵衛は断言!!!

やっと英一郎が認められたかと思いきや・・・

かをるは、英一郎の長所や将来の可能性を話すと、梅木は満州から大豆を輸入することを考えていると打ち明けます。

ところが保守的な久兵衛は、国産にこだわりますが・・・

弥太郎つけ文失敗

弥太郎が、何やら手紙を書いているようですが、もしかすると早苗ちゃんあて?

ところが、その手紙は、ツエさんのもとへ・・・

弥太郎が、待ち合わせ場所に来ると、来たのはツエさん!

ツエさんは、手紙の主は弥太郎だとは思っていません。

弥太郎とツエさんは、ひたすら待ち人が来るのを待ちますが・・・

弥太郎早苗ちゃんとハッピーエンド?

弥太郎は久兵衛に呼ばれますが、突然、クビ宣告です!

松岸でケンカをしたり、早苗ちゃんにちょっかい出したり、いくら言ったところで、弥太郎のクズっぷりは、どうにもならないと久兵衛は悟ったのだと思う。

久兵衛は、行き当たりばったりな弥太郎を心配します。

すると弥太郎は、餞別の代わりに早苗ちゃんをくれ!と久兵衛に頼みます!

そんな弥太郎に久兵衛は・・・

当時のさんまちゃん人気で、ほとんど明石家さんま劇場ですが、脇役なのに、これほど持ち上げられた人も珍しいのでは。

感想

英一郎が後継ぎ!

皇室に初の皇太子が誕生!

ツエさんの女性天皇の話しに、久兵衛は、どさくさに紛れて英一郎が坂東家を継承すると、やっと認めてくれました!

久兵衛が、英一郎を認めることはないのではと心配でしたが、ちゃんと英一郎のことを見ていたいのですね。

しかし、英一郎の嫁選びは、本人に任せられないと、老舗の後継ぎは楽じゃありません。

かをるも話していましたが、英一郎は素直でやさしいけれど、久兵衛に反論するところは反論するので、けして弱虫じゃないです。

頼りがいのある所もあるし、なんと言っても、再三久兵衛に叩かれても、ゆがまないところがエライ!!!

英一郎なら、入兆に相応しいお嫁さんを自分で選べると思うけどな。

それにしても久兵衛のポリポリと食べる音がおいしそうに聞こえるww

伝統と純血

満州の話しに、久兵衛は、満州などとんでもないと言わんばかり。

伝統と純血を守るんだ!!!

伝統を守るのは尊いけれど、かをると梅木の若夫婦の態度に空気を察した久兵衛、ちょっと折れておかしいwww

ツエさん恋バナかと思いきや

ツエさんが、ふと前掛けから取り出したのは、つけ文!

「今夜8時に待っている!」

濃いめのお化粧のツエさんが、待ち合わせ場所に行くと、いるのは弥太郎!

ツエさんには、ハマさんのような汚点になるようなことはないだろうけれど、ツエさんにも早く春が来ると良いな!

やっと弥太郎にも

かをるには振られ、早苗ちゃんともうまくいかない弥太郎。

こんな不安定な男に、誰がついていくのかと思っていると、久兵衛から、とうとうクビを宣告!

久兵衛にまで見放されて、どうしようもないヤツ。

それでも図々しく、早苗ちゃんを「餞別代わりにくれ!」って言っちゃう!

どこまで図々しいんだか。

早苗ちゃんは、ちょうど年季が開けて、和歌山へ帰ったと言うじゃないですか!

もしかして、わざと弥太郎をクビにした?

久兵衛、サプライズすぎる!

素敵!

神山さんは、神山さんで「いつでも入兆へ戻って来ても良い」

ケンちゃんパパ、さすがです!

ウルウルしてしまう!

弥太郎は、早苗ちゃんを追いかけて汽車に向かいます。

ほとんど弥太郎が主役・・

映画のワンシーンのように、弥太郎は、汽車に乗って、早苗ちゃんと会います!

弥太郎に気のない早苗ちゃんでしたが、これで情にほだされてしまうのか。

せっかくハマさんに厳しくしつけられただろうに、もう少しましな男を久兵衛に紹介してもらえば良かったのに。

ともかく弥太郎、毒気づいているけれど、かをるの笑顔が花束になって良かったね!

引用元:

<<前回123話 TOP 次回125話>>

スポンサドーリンク

コメント

  1. uwamy より:

    平成天皇なる言葉は現在では存在しない言葉ではないでしょうか
    確かに崩御されてからは存在してると思いますが

    • 管理人 より:

      コメントをいただきまして、ありがとうございます。あえてわかりやすくと思い記載したのですが、混乱させてしまいましたら、大変失礼しました。

タイトルとURLをコピーしました