澪つくし ジェームス三木の息子が!昭彦と和彦で昭和!アミ身受け?善吉 あらすじ 126話ネタバレ感想 / キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク


2021年2月20日(土)

澪つくしキャスト

沢口靖子、柴田恭兵、織本順吉、鷲生功、鷲尾真知子、山下規介、草笛光子、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回125話 TOP 次回127話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

かをる(沢口靖子)に双子の男の子が生まれたことで、機嫌の良い久兵衛(津川雅彦)たち。

「昭和」から昭彦と和彦、と名付けます。

英一郎(鷲生功)が、自分も見合い相手と結婚する、と宣言しますが、それは先方から断られた、と久兵衛が告げます。

一方外川では、善吉(安藤一夫)が、松岸の遊郭に身を沈めたアミへの思いに苦しんでいました。

とねさん(草笛光子)は善吉に、身受けの費用を出す代わりに、親と決めた相手と結婚するように、と条件を出します。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

昭彦と和彦で昭和!

かをるが双子の男の子を無事に出産で、お祝いはおはぎです。

久兵衛は、双子の命名を、昭彦と和彦と名づけました!

にぎやかなことが好きで、気配りの久兵衛は、ツエさんにピロシキに祝いの酒をふるまうように指示!

英一郎が見合いを断られる

双子の赤ちゃんに坂東家の人が喜んでいると、英一郎が見合い相手との結婚を決めたと報告します。

とうとう英一郎にも、良い話しが舞い込んできたと思っていると、久兵衛の話しでは、先方から見合いの話しを断って来たというのです。

これほどいい子な英一郎との見合い話を断ったなんて、どんな女のか顔を見たいところですが、残念なことに現れそうにありません。

断られた原因は、入兆の娘は心中事件やら若くして夫に先立たれたやらと、もろもろのウワサ話か?

梅木は、英一郎を励ましますが、英一郎は梅木のようなマネは出来ず、自分の性分をわかっています。

アミ身受け?善吉結婚反対

英一郎の親友の善吉は、娼婦に身を落としたアミちゃんとの将来を考えています。

とねさんは、網主の親方が娼婦と一緒になったのでは、船方への示しがつかないからと、結婚を反対しますが、善吉は諦めきれません。

とねさんは、アミちゃんの身受けの金300円を出す代わりに・・・

身受けの金300円は、令和の現在では、2000万円くらいなのかと思いきや約20万円???????

参照元:昭和9年の貨幣価値

強盗はジェームス三木の実の息子の山下規介

坂東家は、双子の男の子が生まれ、幸せに包まれましたが、そんな中、どんなスキがあったのやら、強盗が押し入ります!

刃物を突き付けられた久兵衛は・・・

強盗を演じているのは、ジェームス三木の実の息子の山下規介さんです。

感想

双子の赤ちゃん

かをると梅木に双子の赤ちゃんが誕生しました!

久兵衛にとっては、待ちに待った初孫の誕生!

幸せいっぱいな坂東家ですが、
玉のような赤ちゃんもかわいいけれど、産後のかをるが、また少女漫画に出てくるようで、一層かわいいwww

久兵衛は、双子の赤ちゃんを昭彦と和彦と名づけました。

すくすくと健やかに成長して欲しいと思います。

見合いを断られた英一郎
英一郎が見合い結婚を決めたと言いますが、今一つ現実味に乏しいと思っていたら、案の定、久兵衛の話しでは先方から断って来たと言います。

こんな素直で明るくて思いやりがあって、英一郎のどこがダメなの?

あまり突っ込んだ話は出てきませんが、銚子の老舗と言っても、娘は心中事件、一人は旦那と死別と、良い印象を持たなかったのかもと思う。

英一郎、すごく好きだけどなぁ~

良い人が見つかって欲しい。

善吉の怒り

善吉は、惣吉に死なれたこと網主を継ぐことになり、それは仕方がないとしても、アミちゃんとのことは諦めきれないのだろうな。

”みうけ”とは”身請”と書くのですね、知りませんでした、、、

しかもタイムリーなことに”鬼滅の刃遊廓編”が話題になっていた!

とねさんが、身請の金を出しても良いと言うが、その代わり、親の決めた相手と結婚するようにと、厳しいです。

漁師は、海を相手に命がけなのに、公私のけじめをつけられない者が、網主になる資格などないと思っているのだろうけれど、もとはと言えば、アミちゃんの家の稼ぎ頭だった兄が亡くなってしまったからで、その時、もっと保証をしていたら身売りすることはなかったと善吉は怒っているのだろう。

とねさんがしっかりした人だから、バカなマネはしないと思うけれど、善吉の怒りのこもった視線が悲しすぎる。

強盗

色ごとが多い「澪つくし」ですが、まさか入兆に強盗が入るとは驚きです!

包丁を手に押し入られたら腰が立たなくなりそうですが、久兵衛は強盗と落ち着いて交わすなんて、肝が据わってさすが!!!

強盗は「俺は、こういうことになれてない」って、弥太郎か?

あまり怖く思えないのは、久兵衛が落ち着いているからなのかな?

引用元:

<<前回125話 TOP 次回127話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました