澪つくし 遭難した惣吉と銀座で律子が遭遇!あらすじ 129話ネタバレ感想 / キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク


2021年2月24日(水)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、柴田恭兵、川野太郎、牟田悌三、鷲生功、鷲尾真知子、村田雄浩、山下規介、高師美雪、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回128話 TOP 次回130話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

昭和十年、しょうゆ業界の販売競争は激化し、販売の景品に旅行を付けた入兆に対して、同業者の代表が抗議に来ました。

かをる(沢口靖子)と梅木(柴田恭兵)は、組合の総意だというなら考える、と冷静に対処します。

かをるは、少年院を出た栄二(山下規介)を雇うよう久兵衛(津川雅彦)に進言し、栄二は入兆で生活するようになります。

ある日、律子(桜田淳子)は買い物に出かけた銀座で、惣吉(川野太郎)によく似た男を見かけ声をかけます。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

再婚したかをると、結婚した律子の生活が対照的です。

昭和10年、醤油業界は原料の高騰などもあり厳しい状況です。

入兆は、宣伝広告をすることで、少しでも回避しようとしていますが「おしん」のスーパー田倉のように、他から営業妨害だと抗議を受けます。

かをると結婚したことで、梅木の男っぷりが上がった・・・じゃないか、イケメン度がMAX!

1935年(昭和10年)8月12日「陸軍に永田あり」と言われた、陸軍少将の永田鉄山が、陸軍内部の統制派と皇道派の抗争に関連して皇道派の相沢三郎陸軍中佐に殺害されます。

wiki参照

アミちゃんの入兆での働きは、ツエさんより上かもしれません。

久兵衛は、アミちゃんの弟が出所したら、入兆へあやまりに来いと話します。

強盗をはたらいた弟を被害者宅に連れてきて、謝らなくてはいけないなんて、アミちゃんは、どうしてこれほど苦労しないといけないのだろう。

律子と小浜の夫婦ケンカ

律子は、軍部内の内部抗争は、天下に恥をさらしたと小浜に話します。

小浜は、皇道派の相沢をかばう発言をすると、律子は反論!

小浜は面白く思わず、昭和な男全開です!

久兵衛は激高すれど、食べものは粗末にしたことはなかったと思った・・・

アミちゃんの弟ピロシキで!

アミちゃんは、出所した弟をつれて、久兵衛に頭を下げます。

久兵衛は、かをるの人の好さで、アミちゃんの身受けの金を払い損したと嫌味を言いますが、久兵衛は、かをるの人の好さに輪をかけた人の好さで、強盗に押し入ったアミちゃんの弟をピロシキで働かせることに!

アミちゃんの弟は、ピロシキに「こいこいのこい」と言われますが、「こいこい」は花札にかけていると思われる。

そして今日の坂東家のおやつは、スイカです。

国家総動員法ピロシキコント

※日本での国家総動員法は、1938年(昭和13年)第1次近衛内閣によって第73帝国議会に提出され、同年4月1日に公布・制定された法律。

wiki参照

ものものしい感じになってきました。

ピロシキも軍事教練を受けることになりますが、コント風味です。

もちろん「こいこいのこい」の鯉沼栄二も一緒です!

遭難した惣吉と銀座で律子が遭遇!

今でも入兆からの役員報酬を受けているのか、律子は、銀座で買い物をしています。

すると、遭難したはずの惣吉が銀座の街を歩いています!

どうでも良い話し

沖雅也さん主演の「俺たちは天使だ!」を見てみたら、柴田恭兵さんは”ダーツ”という役柄だったのですね。

コンフィデンスマンjpの”ダーコ”みたいだ。

ちなみに、このドラマの予告ナレーションは山田康雄さん!

名作ドラマBDシリーズ 俺たちは天使だ! Blu-ray-BOX(3枚組 全20話収録)

感想

かをると梅木の二人三脚

かをると梅木は、単に醤油を作るだけでなく、知恵を絞って売り上げようと頑張っていますが、これこそ正しい夫婦のあり方のよう。

千代さんは、久兵衛と表だって商売はしてこなかったと思われるが、時代の変化を、かをるは微妙に感じているのかもしれない。

ツエさんの子守り

アミちゃんは礼儀正しく入兆の女中さんとして働いていますが、ハマさんが見たら、褒めてくれそうなくらいちゃんとしています。

ツエさんの方が先輩のはずなのに、双子の昭和ちゃんの子守り!

ツエさんの子守唄を聞いているとすくすくと育ちそう☆

小浜との結婚生活
風鈴の音はやさしげだけど、律子と小浜の結婚生活は厳しそう。

小浜の話しに、素直に聞くことのない律子・・・

そればかりか、小浜の計画が、律子のおかげで壊れたとブチ切れ。。。

律子には、水橋のような人の方が良かったと思うな。

久兵衛のお裁き
久兵衛は、お金を持っているだけでなく、生きていく厳しさをわかっている人だと思う。

遊郭から身請しただけでなく、強盗を働いたアミちゃんの弟を入兆で働かせることにさせました。

更生させるとは、生半可なことでは出来ないと思うが、久兵衛やかをるのような人のもとなら、アミちゃんの弟も、これでしっかりと更生出来ると思う。

そんな後のスイカは、一層おいしいことだろうな。

すっかり坂東家の一員となった梅木は、姿勢も正しく白い着物姿で、スイカをお上品にかぶりつき人生のステージが上がった!
コントな軍事教練

ピロシキも軍事教練をすることになりましたが、ものものしさはなく、猪熊とアミちゃんの弟栄二のほとんどコント!

こういう明るさで、栄二の薄暗い過去を払しょくできそうなのがうれしい。

ジェームス三木さんの巧みな脚本がスゴイ!
惣吉と遭遇!

律子にとって軍人の妻が良かったかどうかわからないけれど、銀座で優雅にお買い物はあっています。

すると開襟シャツを着た惣吉の姿が!

やっぱり生きていた!?

律子は気になったのか、惣吉に近づくと、惣吉は、ただ律子を見ているだけ。

すると、警察に声をかけられます。

何があったのだろう??すごくミステリー!

そうとは知らず、かをるは、赤ちゃんと幸せそうに過ごしているけれど、このタイミングで惣吉が現れるなんて、幸せを真っ二つに切られそうで残酷すぎる~~~~

引用元:

<<前回128話 TOP 次回130話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました