澪つくし 西岡徳馬!惣吉が記憶喪失復帰? あらすじ 131話ネタバレ感想 / キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク


2021年2月26日(金)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、柴田恭兵、川野太郎、西岡徳馬、大矢兼臣

<<前回130話 TOP 次回132話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

かをる(沢口靖子)たちが東京へ惣吉(川野太郎)に会いに行くと、惣吉は内務省に身柄を移されていました。

一目見て惣吉と確信したかをるは、外川へ連れて行き、砂浜や灯台を見せて思い出を語り、惣吉の記憶を取り戻そうと色々説明します。

船に乗せて櫓を漕がせると、惣吉は記憶を取り戻します。

かをるが今までどうしていたのかと聞くと、惣吉は、四年前の嵐で遭難し、アメリカの巡洋艦に助けられ、フィリピンに連れて行かれた、と言うのです。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

惣吉の人生が過酷すぎて胸が痛い回です。

記憶喪失になった惣吉は、内務省に預けられています。

かをるたちの陳情を受け、惣吉と面談することになりますが、惣吉は片言な日本語でしか話せません。

西岡徳馬さん演じる久永刑事は、惣吉に英語で通訳です。

かをるは、目の前にいるのは確かに惣吉だと断定し、惣吉に外川へ帰ろうと話します。

しかし、記憶喪失になっている惣吉に、そんな~~~な話しが・・・

ともかく、かをると梅木、久永刑事が、惣吉を外川へ送ることになりました。

かをるは、惣吉の記憶が戻るようにと思い出の地を一緒に歩きますが、まるで思い出す気配はありません。

惣吉と二人になったかをるは、二人だけにしかわからない思い出の話しをしますが、まったくダメです。

かをるは、漁師だったことを思い出させようと・・・

だんだん惣吉の表情に変化が出てきました。

どうでも良い話し

記憶喪失から復活できることは、現実的にどれくらいで出来るものなのかわかりません。

フィリピンにたどり着いて、そこで英語を覚えて、日本語が片言になってしまった惣吉。

そんな簡単に英語を覚えられたのかと思っていた時、動画で「一撃で英語が聞こえるようになる!魔法のワーク」を見て、なるほどでした。

ちなみに、このICHIROさんのお母さんはフィリピン人ですが、バイリンガルでも、もとから英語が話せたわけでもないそうです。

令和だったら、惣吉はフィリピンで、せっかく英語が話せるようになったのだから、かをるのことは忘れて、英語でも教えて、カワイイ子釣っちゃえヨ!

なのかもしれませんね。

感想

惣吉と対面

かをるは、生きている惣吉と会えましたが、人妻となったかをるは、惣吉を抱きしめることなど出来ません。

片言の英語を話す惣吉の姿に、かをるはひたすら悲しいだろうなと思っていたら、

惣吉に「あなたは誰です?」と聞かれ、「ここにいる梅木健作の妻です!」

そんな~~~記憶がないとは言え、これはキツイ~~~~

記憶を取り戻す

かをるは、惣吉と離れた空白の時間を埋めることよりも、記憶を取り戻すためだけに懸命。

梅木も、そんなかをるを見るのはつらいだろうな。

思い出の灯台や、大切な父の墓へ行っても、惣吉の記憶は戻りません。

漁師だったことを思い出させようと、船を漕がせると、手がちゃんと覚えていた!!!

かをるは、少しでも記憶を呼び覚まそうと、あえて船を揺らしてと工夫します。

かをるは懸命だけど、あくまでも人道的な支援をしているだけなんでしょ?

惣吉は、記憶が戻って来たのか、だんだんと表情が険しくなってきました!

遠く海を見つめているうちに感覚がよみがえり、かをるだと気づいた!!!

惣吉は、アメリカの巡洋艦の中にいたと説明し、かをるに謝ります!

記憶が戻るのが早いけれど、それはかをるの愛の力のおかげと言いたいが、あくまでも惣吉に対しての人類愛なんだよね?

そのことをわからそうとしたのか、急に鬼のような表情に変ったかをるは、惣吉に再婚したと告げますが、梅木との結婚生活を守りたいのだろうけれど、この時点で言うなんて残酷すぎる!!!!!

惣吉の魂が抜かれたような表情が切なすぎる!!!

引用元:

<<前回130話 TOP 次回132話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました