澪つくしあらすじ 135話ネタバレ感想 / 善吉の婚礼ブチ壊し!ピロシキがお縄 キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 152話ネタバレ感想 / ハマさん夫闇業者?梅木もフィリピン キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2021年3月3日(水)

澪つくしキャスト

沢口靖子、柴田恭兵、織本順吉、牟田悌三、鷲生功、安藤一夫、山下規介、高師美雪、草笛光子

<<前回134話 TOP 次回136話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

かをる(沢口靖子)は吉武家の漁師たちにさらわれ、外川へ連れられてきました。

とねさん(草笛光子)は漁師たちを叱りつけ、梅木(柴田恭兵)に非礼をわびますが、梅木は電話ですませるつもりか、と許しません。

とねさんは、明日は善吉(安藤一夫)の婚礼だから日を改めて、と願い梅木も聞き入れますが、内心では惣吉の指示と疑い、かをるは惣吉にだまされている、と決めつけます。

翌日、入兆の職人たちは仕返しに、婚礼中の吉武家へ殴り込みをかけ・・・

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

かをるが再婚することを決意したのは、とねさんが後押ししてくれたことも大きかったと思います。

ところが、生還した惣吉を目の当たりにした漁師たちは、かをると惣吉が話しをした上でないと納得できません。

その気持ちはわかりますが、漁師たちのやり方は野蛮すぎます。

アミちゃんは、急いで入兆へ戻ると、かをるが外川の漁師たちに連れ去られたと報告!

梅木は、ピロシキをつれて殴り込みに行こうとしますが・・・

善吉の婚礼が明日に控えていると言うのに、漁師たちが、かをるを外川へ連れ去って来てしまい、とねさんも混乱したと思われます。

惣吉が黒幕?

かをるは、何とか無事に入兆へ戻って来ましたが、梅木は、今回の誘拐騒ぎは、惣吉が黒幕だと考えています。

当然ですが、梅木はかをる愛しさで、惣吉になど間違っても渡したくありません。

そのためには、惣吉がどんなに悪者かと思いたいのかも。

ピロシキが善吉の婚礼を

野蛮な外川の漁師たちにも呆れますが、ピロシキも目くそ鼻くそ状態です。(表現が汚くてゴメンナサイ)

こともあろうに、善吉の婚礼の日、ピロシキは殴り込みをかけ、ドッタンバッタンの大騒ぎ!

せっかくの善吉とお嫁さんの晴れ姿を見られるかと思いきや・・・

アミちゃんのことは諦め、とねさんの言うがままに結婚をすることになった善吉ですが、ことごとく運のない男に思える。

感想

かをる連れ去り

かをるを連れ去るなんて、漁師たち、短絡的すぎる、、、

これで惣吉が喜ぶと思っているところが、悲しくなる。

とねさんも、ほんと苦労が絶えませんね。

怒る梅木

かをるは美貌に恵まれたとは言え、惣吉にしても梅木にしても、何かしら代償を負うことになり因果な人です。

なんとかかをるは、無事にタクシー!で帰ってくることができましたが、戦前にタクシーがあったのですね!

梅木は、惣吉が仕組んだと言っているが、それは被害者意識が強い。

しかも、勝手に惣吉は卑怯だと、惣吉は悪くはないのに梅木は困った人です。

負けないピロシキ

漁師たちも野蛮ですが、ピロシキも殴り込むとトンデモ・・・

と思っていたら、反対する神山さんを柱にグルグル巻!!

マンガみたい、、、

善吉の婚礼を見たいと思っていると、ピロシキたちがやって来た!

花嫁さらいに来たって、漁師たちと同じでしょ???

人の一世一代の婚礼に、何なのこの人たち・・・

こんなこと村中で、すぐにウワサが立つだろうから、英一郎の見合いを断った相手方は、断って正解だと思っているかもしれませんね。

善吉の花嫁は、泣いているんじゃないかな?

引用元:

<<前回134話 TOP 次回136話>>

スポンサドーリンク

コメント

  1. ネギーシー柔術 より:

    いつも楽しく読んでます。
    ピロシキを連発されていますが、広敷の間違いでは?
    https://kotobank.jp/word/%E5%BA%83%E6%95%B7-614376

    • 管理人 より:

      ネギーシー柔術様

      コメントをいただきまして、ありがとうございます。

      仰る通りなのですが、ネットではピロシキと言われている方が多いようなので、ピロシキとしています。

タイトルとURLをコピーしました