澪つくしあらすじ 139話ネタバレ感想 / アミちゃんピロシキの竹田と結婚226事件 キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク


2021年3月8日(月)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、柴田恭兵、川野太郎、織本順吉、牟田悌三、寺田農、鷲生功、草笛光子、山下規介、高師美雪、葛西和雄、高野嗣郎、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回138話 TOP 次回140話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

入兆と吉武一家の対立は和解しましたが、世の中の戦争の色は濃くなっていました。

広敷の竹田(葛西和雄)に召集令状が届き、仙台の連隊へ入営することになりました。

その夜竹田はアミちゃん(高師美雪)を呼び出し、兵隊に行く前に結婚してくれ、と告白。

アミちゃんは、自分が遊郭にいた女だからそんなことを言うんだろう、と拒否しますが、竹田は戦争へ行って守るための家族になってくれ、と熱く口説きます。

明けて昭和十一年二月二十六日、東京では・・・

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

坂東家と吉武家の手打ち式が滞りなくすみました。

るいさんは、久兵衛から手打ち式の様子を聞き、若い3人の運命を同情します。

梅木は、とねさんがかをるのおかげで和解できたと、かをるに告げ、この前のネチネチから一変、かをるを前よりも愛することになります。

坂東家も吉武家も平穏な生活を取り戻せましたが、世間では、戦争の影がひたひたと近づいています。

アミちゃんがピロシキの竹田とジミ婚!

ピロシキの竹田に召集令状が届きました。

3年間務めることになり、竹田はみんなから激励されます。

このまま黙って出征をするのかと思っていたら、竹田は、アミちゃんを呼び出し告白です!!!

しかしアミちゃんは、竹田の告白を真面目に受け取れません。

竹田の気持ちは本気で、なんのために戦争へ行くのか、竹田は真面目に考えたのです。

アミちゃんと掘っ立て小屋に”かまぼこ板の表札”で・・・

アミちゃんに告白したいと思っていたのは、竹田だけではないと思われるが、早い者勝ちだったのか?

226事件

今日も律子は、白いかっぽう着姿で、私ってダメな女ね!ではなく、真面目に主婦業をしています。

するとラジオから、臨時ニュースが!

昭和11年2月26日、皇道派の青年将校らが首相官邸などを襲撃した226事件が発表されます。

小浜のいる部隊が・・・

226事件

226事件は、日本の軍人が、暴力的に日本の政治を改革しようとしました。

当時の陸軍には「皇道派」と「統制派」の2つの派閥がありました。

「皇道派」は、天皇を中心とした国家運営をめざし、農村の困窮を天皇に訴えたらなんとかなると考えていました。
「統制派」は、官僚主義的で、後のリーダーは東條英機になります。

皇道派の陸軍青年将校を中心に1,483名の下士官・兵を率いて首相官邸や大蔵大臣の高橋是清邸などを襲撃します。

ドラマでは、
皇道派=反乱軍

統制派=討伐部隊

だと思われます。

どうでも良い話し

皇道派は、天皇を中心とした国家運営ということですが、もともと日本は多神教の立場を取っていましたが、明治時代に西洋化の波に乗ろうとする際、天照大神を神道の中心に据えることで、神道の一神教化を目指そうとしたそうなのです。

その際に国家神道の頂点として位置づけられたのが伊勢神宮。

天皇は王様とは違い、いったい何をしているのか?がわかります。

成功の秘密にアクセスできるギャラクシー・コード

小説仕立てで興味深い内容です。

アマテラスの暗号 〈歴史ミステリー小説〉

感想

満足そうな久兵衛

手打ち式が無事に終わり、るいさんと久兵衛はまったりとしています。

惣吉の悔しさを久兵衛が語りますが、久兵衛から話しを聞いたるいさんは嬉しそうにして、手打ち式に参加したかったでしょうね。

惣吉だけが、恥をかかされているようでかわいそう、、、

梅木とラブラブ

和解できたのは、かをるがしっかりとしていたからだと、とねさんから褒められた梅木は、安心したみたいですね。

アミちゃんが竹田とジミ婚!

とうとう広敷の竹田に召集令状が届きました!

無事に3年間の任務が果たせると良いですが、竹田は、アミちゃんに告白です!!!

アミちゃんは、どうせ自分は松岸にいた女だから、出征する前に、あわよくばアミちゃんと・・・そう思っても不思議ではありませんが、竹田は本気でした。

なんのために命をかけて戦地へ行くのか?

無学な竹田とは言え、人として生まれて、生きる証、自然な営みが欲しかったのだと思います。

そんな気持ちに、アミちゃんは、簡単に折れてしまったけれど、昔は、こんな感じだったのではと思う。

いつまでの話しなのか、はっきりしたことはわかりませんが、今よりも、昔の方が結婚率は高かったそうです。

今は、映画やドラマの影響で、どういうところが好きだとか言わないとダメみたいな風潮になったのじゃないかな?

昔は、男尊女卑もあったと思うけれど、滅多やたらと「どういうところが好き」とか、言わなかったんじゃないかなと思う。

アミちゃんの身請の金は久兵衛が払っているし、竹田はラッキー!

あっけなく竹田と入籍して、竹田は、さっさと戦地へ行ってしまった。

はかないアミちゃんの人生に、涙腺が崩壊。。。
引用元:

<<前回138話 TOP 次回140話>>

スポンサドーリンク

コメント

  1. パンダ より:

    いつも楽しく拝見しています。
    今日のピロシキの竹田さんのプロポーズ、感動しましたね!おばちゃんは涙もろいので朝から号泣でした( ;∀;) こんなプロポーズを断る女子はいないんじゃないかしら。いろいろ悲劇的な事がたくさん起こりそうですが、この2人は幸せになって欲しいですね~。

    • 管理人 より:

      パンダさま

      コメントをいただきまして、ありがとうございます。

      竹田さんの直球なプロポーズ、管理人もおばちゃんなのでつかまれました!

      早い物勝ちのようにも思いますが、ささやかでも幸せになって欲しいですね☆

タイトルとURLをコピーしました