澪つくしあらすじ 145話ネタバレ感想 / アミちゃんの弟ツエさんDV キャスト再放送朝ドラ

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2021年3月15日(月)

澪つくしキャスト

沢口靖子、柴田恭兵、川野太郎、寺田農、牟田悌三、鷲生功、鷲尾真知子、安藤一夫、山下規介、草笛光子、津川雅彦

<<前回144話 TOP 次回146話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

惣吉(川野太郎)は何も言わず、旅立っていきました。

かをる(沢口靖子)は、惣吉が出て行ったことについて自分を責めますが、久兵衛(津川雅彦)は潔いと惣吉を褒めます。

外川では、とねさん(草笛光子)が、自分は引退するから吉武家は善吉(安藤一夫)が継ぐこと、と善吉に命じます。

入兆では、ツエさん(鷲尾真知子)と栄二(山下規介)のいさかいを治める梅木(柴田恭兵)の言葉がひとつひとつ胸に落ちて、あらためて頼もしく思うかをるでした。

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

惣吉が銚子を離れたこともあり、ようやく梅木は闇落ちから脱し自分を取り戻すと思われます。

しかし惣吉ファンには、なんとも言い難いことが続くかも。

惣吉を評価する久兵衛

惣吉が銚子を離れ、もしかすると2度と会えないと聞いたかをるは、惣吉に会おうと必死です。

既に汽車が走ってしまい、惣吉とは言葉を交わせませんでした・・・

梅木に黙っているのかと思いきや、かをるは惣吉のことを報告!

梅木もかをるも、自分たちのことで、惣吉は銚子を離れることになったと、惣吉の人生を哀れみますが、久兵衛は違いました!

善吉が親方に

漁労長の源さんは、惣吉が外川を離れたことに納得がいきません。

とねさんは、さっぱりと惣吉のことはあきらめて、善吉に跡を継がせることに・・・

三号さんの照子が

清次が入兆に来ると、ロクな話しを持って来ません。

久しぶりに久兵衛のお妾さんの一人だった照子のことが話題になります。

酒屋が、夜逃げした照子の作った借金を、入兆へ来ればなんとかなると清次にそそのかされましたが・・・

アミちゃんの弟ツエさんDV

そんな中、まさかなことがおきます!

アミちゃんが泣いていますが、妊娠をして将来を悲観しているのかとゲスの勘繰りをしてしまいそうですが、理由を聞いた弟の栄二は、ツエさんに激おこ!

年増女のひがみか?

怒った栄二が、ツエさんにDV!!!

愛されキャラのツエさん、どうした???

今までなら、何かあると久兵衛がことを治めていましたが、ここで世代交代です。

梅木の時代がやって来た?

感想

おしゃべりな人?

英一郎から惣吉のことを聞いて、居ても立っても居られないかをるは、惣吉に会おうと駅行くと、すでに汽車は走って行きます。

やっぱりかをるは、惣吉のことが好きなのかと思ったら、梅木に、一部始終を話した様子!

かをるって、ただのおしゃべりなの?

梅木もかをるも、気の毒なことをしたと話しているけれど、あんな汽車を追ってきたかをるを見たら、惣吉は、自分に未練があると勘違いすると思うけど?

惣吉のことをあきらめるとねさん

しっかりしていそうで、どこかズレている源さんは、かをるが出て行けとは、それはちょっと違うだろ?

惣吉とは違い、きっぱりと惣吉のことをあきらめたとねさんですが、これも人生なんでしょうね。

絶叫ツエさん

アミちゃんが泣いているので、てっきり竹田がいない間に妊娠でもしたのかと思っていたら、竹田からの手紙を、ツエさんが破ってしまったなんて!

姉思いの栄二は、ツエさんにDV!

でも、ツエさんも反撃していた!!!

ハマさんは大店でたたき上げ、所作を心得、仕切りもうまく女中頭になっただろうけれど、ツエさんは、るいさんのところで、女中と言っても、るいさんの茶飲み友達みたいなものだったろうから、長いことぬるま湯にいたようなもの。

ハマさんとは、色々と違うと思うが、ツエさんは、そんな深く考えていないだろうな。

単純に、アミちゃんの方が早く嫁に行ってしまい、面白くないのかもしれない。

かをると梅木は、事情を聞き出すと、梅木は落ち着いて対応をしますが、まるで久兵衛のようです。

苦労を重ねてきた姉を思いやる栄二の気持ちもわからなくはないが、ちょっと派手にやりすぎた。

梅木に謝れと言われても、怒りがおさまっていないんじゃないかな。

竹田の手紙を読むことのできなかったアミちゃん、弟の始末に謝り、踏んだり蹴ったりなことばかり。

それなのに、このことで、かをるが梅木にラブラブ光線、、、

引用元:

<<前回144話 TOP 次回146話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました