あぐりあらすじ 2話ネタバレ感想 / スペイン風邪姉二人死す キャスト再放送朝ドラ

あぐりあらすじ 40話ネタバレ感想 / 光代さん淳之介と上京! キャスト再放送朝ドラ あぐり

スポンサドーリンク





 

2021年3月30日(火)

あぐりキャスト

秋定里穂、田村亮、松原智恵子、白鳥夕香、山崎宏美、倉沢桃子、小此木優也、匠遊

<<前回1話 TOP 次回2話>>

スポンサドーリンク

あぐり あらすじ ネタバレ

大正8(1919)年、あぐり(秋定里穂)は友達の人形の髪を勝手に切って怒られます。

親せきのおばさんが2人の姉に比べあぐりは黒塗りのお盆のようだ、と言うのを聞いてしまい、美白クリームの新聞広告を見入るあぐりに、長女の紀美子(白鳥夕香)は神戸へ嫁ぐ日、美白クリームを渡します。

この頃大流行したスペイン風邪で、嫁いだばかりの紀美子と翌年春に岡山へ嫁ぐことが決まっていた次女の富美子(山崎宏美)は相次いで命を落とします。

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

大正8年、ちょっと裕福なあぐりちゃんのお家に遊びに来ると、当時は珍しいお菓子が食べられたようです。

反省はないの?

今は、ネットで簡単にモノが手に入ります。

あぐりちゃんが子供の頃は、西洋の物=舶来品はとても高価な物でした。

お友達が、持って来た西洋人形を見せると、あぐりちゃんは思いついたままに・・・

母の美佐さんは、あぐりちゃんの行動に呆れているのかもしれませんが、あぐりちゃんを叱ることはなさそうです。

紀美子姉さん

美人な紀美子姉さんは、もうすぐ神戸に嫁ぐことになっているので、あぐりちゃんには、お姉さんとお話が出来るのは貴重です。

富美子姉さんもお嫁入りが決まっています。

あぐりちゃんの肌の色が黒い理由

あぐりちゃんは、どうして自分の肌は色が黒いのか疑問に思っています。

すると美佐さんが、もちろん遺伝的な話しではなく、あぐりちゃんの出産にまつわることを話し出します。

桃の香クリーム

紀美子姉さんが使っているクリームは「桃の香クリーム」

市販で売られているのは「桃の花クリーム」で、こちらは昭和28年から販売されています。

スペイン風邪

スペイン風邪が流行り、死者は15万人とも20万人とも言われますが、当時の日本の人口は令和よりも少ないです。

大正9年のお正月、あぐりちゃんには悲しい出来事が相次ぎます。

どんな時も、あぐりちゃんは一生懸命できることをしますが・・・

感想

人形の髪の毛が

舶来品の人形の髪の毛を、あぐりちゃんが勝手に切っちゃいました!

当然ですが、お友達のお母さんは激おこです!

そりゃあ怒るでしょう。

あぐりちゃんの母の美佐さんは「叔父が近々ヨーロッパを周ってくるので、これよりもっといい物買って帰らせましょう」、うまくお友達のお母さんをなだめるのはいいけれど、あぐりちゃんにあやまらせないの?

おしとやかそうな美佐さんですが、意外と見栄っ張り?

この娘にしてこの親なの?
わかりやすい
親戚のおばさんたちが、紀美子姉さんがキレイに育って、嫁に行くことが決まったことを喜んでいますが、当時は、サッサと嫁に行ってもらえることが、何よりうれしかったのでしょう。

おめでたいことです。

ところが、下のあぐりちゃんは色が黒くてお盆みたいだ!

「嫁のもらい手がないだろう」と言いたいのですよね。

大正な感じ

新し物好きの美佐さんが、子供たちを引き連れ、洋食店でオムレツを食べます。

紀美子姉さんたちがお嫁に行ってしまったら、みんなで集まってオムレツを食べることなど、なくなってしまうかもしれません。

あぐりちゃんにとっても、良い思い出になるでしょうね。

あぐりちゃんは、色白なお姉さんたちと違い、お盆のように黒いのはどうしてなのか疑問を持っています。

すると美佐さんが、裏山で雷が落ちて、木が真っ黒になったのを見たからだと、のどかな話しです。

のどかついでに、オムレツを食べた後、美佐さんは、子供たちと歌を歌いながら帰りますが、なんとものどか。

大正時代っぽいです。

桃の香クリーム

紀美子姉さんが嫁ぐことになりました。

年の離れた美人な紀美子姉さんは、あぐりちゃんには自慢で大好きだったと思います。

いいなぁ~~

そのお姉さんから、美白になるクリームをもらえただけでもうれしいだろうに、そんなものを使わなくてもあぐりちゃんはキレイだと言われて、こんなうれしいことはないだろうな。
お姉さんが相次いで亡くなる

色黒以外に、特に悩みなどなさそうなあぐりちゃんに、神戸に嫁いだ紀美子姉さんがスペイン風邪で亡くなったと、正月早々に電報で知らされます。

これはショッキング!

新婚で甘い生活どころか、こんな不幸な目に合うなんて。。。

しかも、次姉の富美子姉さんまでもが、スペイン風邪にかかってしまいます。

あぐりちゃんは、お姉さんのために、アイスクリームを食べさせようと、美佐さんに連れて行ってもらった洋食屋さんに頼み込み、アイスクリームを作ってもらいます!

小学生とは思えない度胸と行動力!

もちろん、裕福な川村家はツケの後払いなんだろう。

死ぬ間際のアイスクリーム、卵の味がして美味しいだろうな。

富美子姉さんは、一口口にして眠るように亡くなってしまいました・・・

年の離れたお姉さんが、相次いで二人も亡くなったなんて、小学生のあぐりちゃんには、忘れられない衝撃的なことでしょうね。

引用元:

<<前回1話 TOP 次回2話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました