あぐりあらすじ 16話ネタバレ感想 / 光代さんが磯辺詰め寄り キャスト再放送朝ドラ

あぐり 最終回あらすじ156話ネタバレ 朝ドラ / 光美堂の副社長を辞任! 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年4月15日(木)

あぐりキャスト

田中美里、野村萬斎、山本晋也、苅谷俊介、笹峯愛、梅沢昌代、若林久弥、峰野勝成、草笛光子、星由里子、里見浩太朗

<<前回15話 TOP 次回17話>>
スポンサドーリンク

あぐり あらすじ ネタバレ

健太郎さん(里見浩太朗)は世津子(草笛光子)に会い、エイスケさん(野村萬斎)を放っておくように頼みます。
あぐりちゃん(田中美里)は、世津子はエイスケさんの恋人だと勘違いしていて、エイスケさんを問い詰めますが、エイスケさんは笑い飛ばします。

面白くないあぐりちゃんが木に登って空を見ていると、偶然世津子と遭遇し、旅館を訪ねてきたエイスケさんと一緒にお茶を飲みます。

東京に帰る朝、世津子は駅に見送りに来たエイスケさんに、このままではダメになる、と言い残します。

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

麗しの草笛光子さまが、ご登場でございます。

健太郎さんは世津子と顔見知りのようですが、どんな関係なのでしょう。

健太郎さんとの関係は?

健太郎さんと世津子が向かった先は、美佐さんの好きな洋食屋さんです。

世津子は健太郎さんが承知のもと、エイスケさんが東京にいたとき、世話をしていたようです。

健太郎は、エイスケさんを跡取りとして考えていますが、世津子は、エイスケさんの文士としての才能を評価して、地方で埋もれさせるのはもったいないと考えています。

あぐりちゃん気に病む

あぐりちゃんは民子ちゃんから言われたことを気に病んでいます。

エイスケさんに話すと、エイスケさんはあぐりちゃんに寄り添います。

勘違い

あぐりちゃんは、東京から来た世津子という女が、エイスケさんのことを好きで会いに来たと思っています。

ひょんなことで、あぐりちゃんは世津子と知り合いました!

世津子が、岡山へ来た理由は・・・

勘違いをしているのは、あぐりちゃんだけではありません。

経理の磯辺と妻五郎も同じでした。

光代さんが磯辺詰め寄り

勘の良い光代さんは、不信感を持ち、磯辺に詰め寄ります!

磯辺は男同士のかばい合いで、なんとかごまかそうとしますが・・・

光代さんは、健太郎さんが会う女に負けじと・・・

女の意地の見せどころです。

感想

文士としての才能を買う
世津子は、健太郎さんとは知り合いだったのですね。

健太郎さん、涼しい顔をして、何気に遊んでいたのか?

ともかく健太郎さんと世津子が洋食店にいて、絵になります。

健太郎さんが、サッとナイフをよけますが、まるで刀さばきを見ているようで、さすが助さん!!!

執着がないのか

あぐりちゃんは、エイスケさんに東京から来た女がいることを知って、エイスケさんのことをそれほど好きなら、自分は身を引くと、しおらしいことを言うけれど、執着がないってことも考えられる。

世津子とあぐりちゃんのご対面
あぐりちゃんは、人妻なんてこと、まるで意識がないのだろうけれど、一人で線香花火したり、木登りしたりって子供っぽい。

それに対し、世津子は落ち着いてきらびやかで、モダンな大人の女性です。

世津子が岡山へ来たのは、エイスケさんの原稿を出版社に持って行った、その返事をわざわざ伝えに来たのですね。

エイスケさんは、人から愛されていますね。

光代さんの小芝居お見事!
あぐりちゃんの勘違いは解けましたが、経理の磯辺と妻五郎が、世津子のことを健太郎さんの女だと勘違いしますが、普通に考えて、そう思っても不思議ではない。

すると、勘の良い光代さんは、見逃すことはしませんが、さすが!!

何か匂ったのでしょうね。

おかしいww

熟女に問い詰められた磯辺は、タジタジでウソがつけなくて笑っちゃいます。

光代さんは、負けじと勝負着物で、健太郎さんが世津子と料亭に入ろうとするところへ現れた!!!

キャー怖ーい!

しっかりマーキングしないと!!!

のん気なあぐりちゃんには、マネすることなどないだろう。

これで磯辺は、健太郎さんにしぼられるのだろうな。

監督はいじられキャラで、笑っちゃう、、、、

別れ際に
世津子が、別れ際にエイスケさんに「このままではダメになるわ」と思わせぶりなことを言って帰って行きました。

ひと際目立つ大人の女性の一言に、あぐりちゃんは、自分には踏み込めない世界があると感じたんじゃないかな。

ちょっと気の毒になった。

引用元:

 

<<前回15話 TOP 次回17話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました