あぐりあらすじ 23話ネタバレ感想 / 淳!ジェンダーフリー? キャスト再放送朝ドラ

あぐりあらすじ 75話ネタバレ感想 / 太田とめの練習始まる! キャスト再放送朝ドラ あぐり

スポンサドーリンク


2021年4月23日(金)

あぐりキャスト

田中美里、山田邦子、ささきいさお、笹峯愛、山本晋也、苅谷俊介、梅沢昌代、星由里子、里見浩太朗、堀尾正明

<<前回22話 TOP 次回24話>>

スポンサドーリンク

あぐり あらすじ ネタバレ

健太郎さん(里見浩太朗)が東京から帰ってくる日、あぐりちゃん(田中美里)たちが待っていてもエイスケさん(野村萬斎)は帰ってきませんでした。

健太郎さんが持って帰ってきた紙には、「命名 淳」とだけ書いてありました。

あぐりちゃんは自転車で出かけたり、学校で掃除中に椅子から落ちたりして、自覚が無いと光代さん(星由里子)から叱られます。

エイスケさんから届いた文集を読んだあぐりちゃんは、学校を中退して、無事に子供を産むことを決意し、級友たちの前で演説します。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

亡くなったとあきらめていたエイスケさんが、無事でした!

当然、健太郎さんとともに岡山へ帰ってくるだろうと期待します。

エイスケさんは岡山へは帰って来ませんが、あぐりちゃんは、エイスケさんのやりたいことを尊重しているようです。

淳!ジェンダーフリー?

良く言えば自由人のエイスケさんは、お腹の大きなあぐりちゃんを放っておいても、ちゃんとお腹の子供のことを考えていました。

エイスケさんは、お腹の子の名前に「淳」と名づけますが、男にも女にもあうようにと考えています。

けして、これが女の子が最後などとは考えず、ジェンダーフリーです。

妊婦なあぐりちゃん

エイスケさんの消息がわかって3か月経ちましたが、相変わらずエイスケさんは戻って来ません。

あぐりちゃんのお腹は、目立つくらい大きくなりました。

朝ドラヒロインの妊婦さんの言う「平気」は、たいてい裏目になりますけれど、あぐりちゃんも例外ではありません・・・

売恥醜文

エイスケさんは、18歳の時「売恥醜文」を創刊していますが、定価38銭

古書で入手できます。

お腹の中にいる赤ちゃんも、安心したかもしれません。

あぐりちゃん学校を辞める決心

お腹の子供のために、あぐりちゃんは、とうとう学校を辞める決心をしました。

母になることで、あぐりちゃん自身も成長したのかもしれません。

感想

意識高い系な夫婦
エイスケさんは、健太郎さんと一緒に岡山へは帰って来ませんでした。

しかし、あぐりちゃんは、お腹に子供がいて、それだけで満足なのか、エイスケさんのことを尊重して信じているのか、寂しくはないのですね。

エイスケさんも、釣った魚にエサやらないじゃないけれど、お腹の大きなあぐりちゃんを一人にさせてスゴイ。

恋愛結婚で結ばれたわけじゃないから、また違った感情があるのかもしれないけれど、束縛し合わず、お互いの自由を尊重している意識高い系なのかもしれない。

一応、エイスケさんは、生まれてくる子供のために「淳」という名前を考えました。

自分に子供ができる認識は、一応あったのか。

存在感のあるエイスケさん

妊婦の自覚をやっと持つようになったあぐりちゃん。

そんなあぐりちゃんに、エイスケさんが創刊した雑誌が送られます。

子供の誕生を楽しみにしているエイスケさんの顔が浮かぶようですが、萬斎さんのセリフが、なんとも言えずピカイチ!って感じで魅力的です。

あぐりちゃんも、お腹が大きいのに、エイスケさんと離れ離れで寂しいと思うのに、離れていても、ちゃんと活躍しているエイスケさんのことを知ることができ満足なのかな。

エイスケさんの愛情がひしひしと伝わったのもあってか、あぐりちゃんは学校を辞める決心をしました!

それでも妊婦の自覚がないのか、自転車に乗って、なんだかなぁ

人妻の証のようにヘアスタイルを変えて、みんなに挨拶ですが、民ちゃんが心開いてがんばったのだから、みんなと一緒に卒業して欲しかったな。

意外にも山神先生は、あぐりちゃんに辞書をプレゼントしてくれて、なんだかんだ言っても昔の良い先生ではあった。

引用元:

<<前回22話 TOP 次回24話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました