あぐりあらすじ 24話ネタバレ感想 / 逆さほうきエイスケ別れ際産気づく キャスト再放送朝ドラ

あぐりあらすじ 75話ネタバレ感想 / 太田とめの練習始まる! キャスト再放送朝ドラ あぐり

スポンサドーリンク


2021年4月24日(土)

あぐりキャスト

田中美里、野村萬斎、森本レオ、磯野貴理子、若林久弥、梅沢昌代、星由里子、里見浩太朗、堀尾正明

<<前回23話 TOP 次回25話>>

スポンサドーリンク

あぐり あらすじ ネタバレ

年が明けても、エイスケさん(野村萬斎)は戻ってこない。

あぐりちゃん(田中美里)は一度エイスケさんに会いに上京したいと話しますが、光代さん(星由里子)に反対されます。

あぐりちゃんががっかりしていると、勇造(若林久弥)が、自分も東京で仕事がしたい、と夢を語ります。

東京行きもままならず、春を迎えると、森(森本レオ)がやってくる。健太郎さん(里見浩太朗)が金を渡して追い返し、あぐりちゃんが森について来いと言われ駅へ行くと、そこにはエイスケさんが・・・
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

1924年(大正13年)のお正月ですが、エイスケさんは岡山へ帰って来ません。

身重なあぐりちゃんとしては、子供が生まれる前に、エイスケさんと会って話をしたいと思っています。

望月家では、健太郎さんよりも光代さんの意見の方が強いらしい。

どうも望月家で、一番あぐりちゃんの気持ちを分かってくれるのは、エイスケさんの弟の勇造かも。

勇造の夢

勇造は、将来のことを考えています。

勇造の具体的で現実的な話しは、エイスケさんとは真逆かも。

逆さほうき

大正13年4月、エイスケさんの友人の森潤が、望月家を訪れましたが、どういうわけか逆さほうきで招かざる客です。

思い出したように、森は関東大震災の時、東北を放浪していた話を始めます。

あぐりちゃんは森さんの話しに喜びますが、望月夫妻は微妙です。

望月夫妻は、エイスケさんの友人だからと、邪見に扱わないことを良いことに、森は帰るどころか・・・

望月夫妻は、森の魂胆をわかっていましたが、土建業なだけに?気持ちが良いくらい太っ腹かも。

しかし健太郎は、抑えることろは抑えます!

エイスケと別れ際にあぐりちゃん産気づく

エイスケさんは、森と一緒に岡山に来ていました!

と言っても、エイスケさんは、すぐに東京へ・・・

どうでも良い話し

勇造の将来の夢は、車の技師です。

日本に初めて自動車が渡来したのは明治の終わりごろで、当初は当然のごとく上流階級の乗り物でした。

それが大衆の乗り物になったのは、関東大震災後のことだったそうです。

市民の足だった市電が役に立たなくなり、がれきの合間を縫うように走り回ったのが自動車です。

ちなみに吉行あぐりさんが、エイスケさんのダットサンに乗って出かけたりしていたそうですが、昭和12年のころのダットサンの値段は2250円で、大卒の初任給が約50円だった時代です。

感想

エイスケさんに会いたいあぐりちゃん
身重のあぐりちゃんがエイスケさんに会いたい気持ちはわかります。

ですが、光代さんは、あぐりちゃんの体のことを思い、東京行きは反対。

光代さんの真っ当な判断ですが、そんなあぐりちゃんの気持ちを、勇造はわかってくれて、あぐりちゃんはうれしいでしょうね。

あぐりちゃんは、エイスケさんの好きなことができるために、東京にいることを理解して、幼いながらもずいぶん成長しました!

図太い森さん

あぐりちゃんも図太いけれど、森さんは、それに輪をかけて図太いですね~~~~

長居してお茶を飲むだけでなく、酒を飲んで食べて、あぐりちゃんと宴会始めて、挙句にお泊りですか?

心臓に毛が生えているとは、森さんのこと!

それにしても、あぐりちゃんは、ここでも妊婦なことを忘れ、森さんと楽しんで、ほんとお気楽で良いですねーーー

金払いの良い健太郎さん

森さんは、最初から健太郎さんからお金をせびることを目的としていたのでしょうが、健太郎さんも、承知していたのだろうけれど、それにしても健太郎さん金払いの良い人!

森さんには、ためになるとは思えないけどな。

黄門さまな健太郎さん

健太郎さんは森さんに、ただお金を渡すのではなく、エイスケさんのことを思う親心と、子供の父親になるのだから、岡山へ帰ってくるように伝えて欲しいと話します。

健太郎さんの心ある思いが、黄門さまとダブって見えたw

無茶苦茶勝手なんだけど
あぐりちゃんは森さんを送りますが、結局エイスケさんは、岡山にいたのですね。

なーーんだ!

あぐりちゃんのお腹に子供がいるというのに、ほんと勝手な人ですね。

しかも、お金をもらったら、すぐに東京へ帰るなんて、無茶苦茶勝手なんだけど、なんだか許せちゃう感じ。

このエイスケさんの魅力は一体何なのだろう?

ところが天は、さすがに許さなかった!

あぐりちゃんが別れ際に産気づいて、お約束って感じで笑っちゃう!

お腹の淳之介も、エイスケふざけんな!だろうな。

さすがにエイスケさんは、心配してくれた!

人の心があって良かった!

チャラチャラしているのに、ウルッとさせられるなんて悔しい気もするが、これぞ役者冥利なんだろうか?

引用元:

<<前回23話 TOP 次回25話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました