あぐりあらすじ 28話ネタバレ感想 / 光代逆らうが天は味方? キャスト再放送朝ドラ

あぐりあらすじ 75話ネタバレ感想 / 太田とめの練習始まる! キャスト再放送朝ドラ あぐり

スポンサドーリンク


2021年4月29日(木)

あぐりキャスト

田中美里、野村萬斎、山本晋也、苅谷俊介、若林久弥、梅沢昌代、星由里子、里見浩太朗

<<前回27話 TOP 次回29話>>

あぐり あらすじ ネタバレ

エイスケさん(野村萬斎)は、ちょっと出かけてくる、と言い残し東京へ行ってしまいます。

光代さん(星由里子)はますます淳之介を離さず、あぐりちゃん(田中美里)は口出しできません。

勇造(若林久弥)も夢をあきらめなければならないか、と元気がありません。

そんな勇造に、健太郎さん(里見浩太朗)は自分が選んだ道を進め、と元気づけます。

健太郎があぐりちゃんと淳之介を東京へやったらどうかと光代さんに話すと、光代さんは風邪気味の淳之介を連れて出かけてしまい・・・
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

あぐりちゃんは、エイスケさんが岡山にいたくない気持ちがとてもわかるようです。

エイスケさんが東京へ行ってしまい、それから4か月経った大正13年(1924年)10月。

光代さんは、淳之介の離乳食を女中に作らせますが、人に作らせるのも指示が大変です。

そして光代さんは、淳之介を独り占め。

磯辺の夢

エイスケさんが東京へ行ってしまい、勇造は、望月家の跡を継ぐことを密かに考えていると思われる。

望月家の人たちにとって跡継ぎ問題は切実です。

ふと磯辺が自分にも夢があったと・・・

磯辺のペラペラと口の軽いルーツがわかるかも。

勇造の夢を応援?

何不自由なくエイスケさんを育てた健太郎さんは、エイスケさんの振る舞いに、考えを改めたようです。

健太郎さんは、勇造が車の技師になりたいことを知っており、勇造に、自分の行きたい道へ進むようにと話します。

健太郎さんは、あぐりちゃんと淳之介をエイスケさんの元へやろうと考えますが・・・

光代逆らうが天はあぐりちゃんに味方?

健太郎さんの思いとは裏腹で、光代さんは淳之介のことを独り占め状態です。

とてもあぐりちゃんと淳之介を東京へやる気などありません。

しかし、光代さんが淳之介を連れて出かけ帰ってくると、その夜淳之介が熱を出します。

淳之介は、光代さんではなく、あぐりちゃんに甘えたいのでは?

スポンサドーリンク

感想

エイスケさん再び東京へ

雨の日、エイスケさんとあぐりちゃんと淳之介の親子三人がいます。

働きもしないエイスケさんは、どことなくつまらなさそうと思っていたら、案の定、東京へ行ってしまった!

嫁や子供のことなど、どうでも良いのですね。

こういう人は、何を言っても無駄なんだろうな。

美佐さんは、御家がお金を持っているくらいの認識で、あぐりちゃんを嫁がせてしまって、罪が大きいな。

磯辺の夢

磯辺は、本当は活弁士になりたかったと話し始めますが、そのもので笑っちゃいますwww

すると聞き耳を立てていた健太郎さんは、拾ってやったのにと言わんばかりで、おかしいww

反対する光代さん

健太郎さんは、エイスケさんに何不自由なく育ててきましたが、結局は、跡を継ごうとしない人間になってしまったことが、健太郎さんには寂しくてたまらないのだろうな。

健太郎さんは、このままあぐりちゃんと淳之介を離れ離れにさせるのは良くないと、愛情ある人だと思う。

それなのに光代さんは、淳之介を手放したくないという、孫は望月家のものと言う気持ちが強いのだろう。

ところが、天はあぐりちゃんの味方です!

淳之介が熱を出したのは、光代さんが離そうとしないからでしょう。

これは、母親のあぐりちゃんの方がいいに決まっている!

おばあちゃんより、実母!

本能でわかるだろうな。

光代さんへ「あたしが看病します!」

よく言った!!

引用元:

<<前回27話 TOP 次回29話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました