あぐりあらすじ 30話ネタバレ感想 / あぐりちゃん東京へ行く キャスト再放送朝ドラ

あぐり 最終回あらすじ156話ネタバレ 朝ドラ / 光美堂の副社長を辞任! 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年5月1日(土)

あぐりキャスト

田中美里、野村萬斎、野村宏伸、松原智恵子、山本晋也、苅谷俊介、若林久弥、秋山武史、草笛光子、星由里子、里見浩太朗、堀尾正明

<<前回29話 TOP 次回31話>>

あぐり あらすじ ネタバレ

エイスケさん(野村萬斎)は東京で、酒を飲んでは酔いつぶれる自堕落な生活を送っていて、見かねた燐太郎(野村宏伸)が世津子(草笛光子)の店で声をかけますが、燐太郎を殴り飛ばして出て行ってしまいます。

健太郎さん(里見浩太朗)は、無理をして仕事を続けていますが、世津子からエイスケさんについて電話があり、あぐりちゃん(田中美里)を東京へ行かせることにします。

悩んだあぐりちゃんは美佐さん(松原智恵子)に相談し、東京へ行ってきたら、と背中を押されます。
参考:Yahoo!テレビ

スポンサドーリンク

前置きレビュー

勇造は、いろいろ迷った挙句に入学願書を出しませんでした。

そうとは知らないエイスケさんは、東京で女たちとお戯れ。

そんなエイスケさんに、辻村燐太郎は心配します。

あぐりちゃん戸惑う

エイスケさんは好き勝手をしていますが、何かと思うようにはいかないと思われる。

そのことを世津子はわかっていて、健太郎さんに電話で連絡をします。

健太郎さんは、あぐりちゃんに東京へ行って、エイスケさんを岡山へ連れてくるようにと話します。

あぐりちゃんは、エイスケさんが、そんな簡単にあきらめて岡山へ帰ってくるとは思いません。

しかも淳之介は、岡山へ置いていくようにとのお達しで、もはや人質状態。

何が何でもエイスケさんを連れ戻さないと!と思いきや、あぐりちゃんは戸惑います。

美佐さんの望み

あぐりちゃんは、淳之介と離れてまで東京へ行くべきか悩みます。

エイスケさんのことだから、そうは簡単に岡山へ帰ってくるとは思いません。

あぐりちゃんは美佐さんに気持ちを打ち明けると、美佐さんは、とても真っ当なことを答えてくれます。

ただし超~マイペースな自分のことは棚に上げ、光代さんなら、淳之介を良く面倒をみてくれるとわかっています。

美佐さんは、あぐりちゃんがエイスケさんと淳之介の3人で暮らせることを望んでいます。

あぐりちゃん東京へ

あぐりちゃんは一番かわいい盛りの淳之介を置いて、東京へ行くことになりました。

淳之介と、どれくらい離れれば良いのか見当がつきませんが、あぐりちゃんには身を切る様につらいことです。

感想

いい気になっているエイスケさん
勇造は、家の将来を考え、入学願書を出すのをやめました。

東京へ行って勉強したかっただろうに、兄のおかげで、人生が狂ってしまった。

そんなことは知らないエイスケさんは、女とチャラチャラと遊んでいい気なもの。

辻村燐太郎は、あきれ果てているでしょうね。

それなのにエイスケさんは、「俺につるはしを持てってか?」と、誰のおかげで好きなことが出来ているのか良く言うわ。

「偉そうに人に指図して」って、偉そうにお前が言うなと思う。

しかも辻村燐太郎を殴っちゃう???

アンビリバボー!

あぐりちゃん迷う
健太郎さんは、どのみちエイスケさんとあぐりちゃんを離れ離れにさせたくないのだと思う。

普通に考えて、不自然。

健太郎さんは、あぐりちゃんにエイスケさんを岡山へ連れて帰ってくるようにと話しますが、淳之介は置いていくようにって、これはすごいプレッシャー!

つらいあぐりちゃん
好きで結婚したわけでもなんでもなく、夫は勝手に東京へ行ってしまい、嫁としての立場など何もなさげなあぐりちゃん。

宙ぶらりんで、気の毒と言えば気の毒。

しかも、エイスケさんと淳之介の3人で暮らすために東京へ行くことにしたあぐりちゃんですが、淳之介を預けて行かなくてはいけないなんて、つらいです。

さすがに、これはかわいそう。

引用元:

<<前回29話 TOP 次回31話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました