あぐりあらすじ 37話ネタバレ感想 / チェリー山岡のマネキン キャスト再放送朝ドラ

あぐりあらすじ 75話ネタバレ感想 / 太田とめの練習始まる! キャスト再放送朝ドラ あぐり

スポンサドーリンク


2021年5月10日(月)

あぐりキャスト

田中美里、松原智恵子、菅井きん、小林恵、川俣しのぶ、名取裕子、星由里子、草笛光子、里見浩太朗

<<前回36話 TOP 次回38話>>

スポンサドーリンク

あぐり あらすじ ネタバレ

エイスケさんが仕送りを全部持ったままいなくなって一週間、あぐりちゃん(田中美里)は、何か知らせは無いかと様子を聞きに通う世津子(草笛光子)の店で鈴音(小林恵)に会い、一緒に銀座のチェリー山岡(名取裕子)の美容室へ行きます。

チェリーの店では、撮影で予定していたマネキンがけがで来れなくなり、代わりのマネキンの手配に困っていました。

チェリーはあぐりちゃんを見て代役を頼むと、撮影がうまくいって喜び、残り2日もマネキンを頼みます。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

大正14年(1925年)3月、エイスケさんは、健太郎さんからの仕送りを持って家を出てしまい、一週間になります。

あぐりちゃんには、悲壮感などありません。

健気に、”ままかり”をおかずにご飯を食べています。

”ままかり”はニシン科の魚のことで、岡山県では酢漬けや塩焼きにして食べられています。

かかあ天下?

健太郎さんは、あぐりちゃんと淳之介をいつまでも離しておくのはかわいそうだと話します。

光代さんは、自分で淳之介を育てたいので、エイスケさんを連れ戻すまでは、あぐりちゃんに東京にいて欲しいと考えています。

エイスケさんを待つのが仕事

あぐりちゃんは、エイスケさんを待つのが仕事だと考えています。

カフェセラヴィを訪ねると、人懐こい鈴音ちゃんが、エイスケさんから連絡がないことを心配します。

あぐりちゃんには、将来のことを考える気配がまったくありません。

芸者さんとしてもまれてきた鈴音ちゃんは、エイスケさんのことを理解し、現実を良く分かっています。

チェリー山岡のマネキン

モデルの手配ができないと、いらだっているチェリー山岡のところへ、鈴音ちゃんとあぐりちゃんが訪ねて来ました。

ふいに、チェリー山岡は、あぐりちゃんをモデルに・・・

チェリー山岡の手によって洋髪にされ、洋服に着替えたあぐりちゃんを見たチェリー山岡は・・・

あぐりちゃんの人生は、チェリー山岡と出会ったことで一気に明るくなると予感!

勝手なことをしているエイスケさんの人生の陰にはならずにすみそうだと思っていると・・・

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

<<前回36話 TOP 次回38話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました