あぐりあらすじ 39話ネタバレ感想 / 世津子は売れっ子芸者だった過去 キャスト再放送朝ドラ

あぐり 最終回あらすじ156話ネタバレ 朝ドラ / 光美堂の副社長を辞任! 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年5月12日(水)

あぐりキャスト

田中美里、野村宏伸、森本レオ、菅井きん、小林恵、川俣しのぶ、草笛光子、里見浩太朗

<<前回38話 TOP 次回18話>>

あぐり あらすじ ネタバレ

健太郎さん(里見浩太朗)はあぐりちゃん(田中美里)に、一緒に岡山へ帰ろうと言うが、あぐりちゃんは東京に残ってエイスケさん(野村萬斎)を待つと言う。

森(森本レオ)が燐太郎(野村宏伸)を連れてやってきて、どじょう鍋を食べようとあぐりちゃんを連れ出し、夢を持つことは大切だ、と語ります。

水と間違えて酒を飲んだあぐりちゃんを介抱していた鈴音(小林恵)が、健太郎さんと世津子(草笛光子)の過去を話し、あぐりちゃんは夢を持って生きることの意味を考えます。
参考:Yahoo!テレビ

スポンサドーリンク

前置きレビュー

岡山へ帰らない

健太郎さんは、エイスケさんのウワサ話を耳にして現実を知り、エイスケさんのことは諦めたのだと思われる。

あぐりちゃんを、このまま一人にさせるわけにはいかないと、やさしい健太郎さんは、岡山へ帰ろうと話します。

あぐりちゃんは言うがままに帰ろうとしますが・・・

勝手なエイスケさんと言えども、あぐりちゃんには、いつの間にかかけがえのない存在になっています。

ここで淳之介をとったら、その代わり・・・代償があることをわかっていると思われる。

森潤たかる

森潤が「澪つくし」の弥太郎に思えてきた。。。

森潤が言うところの「励ます」は、誰かにたかることを意味すると思われる。

今日の森潤の財布は・・・

世津子は売れっ子芸者!

森潤が、あぐりちゃんを元気にしようと、またどんちゃん騒ぎ!

と思っていたら、森潤は、勝手にカフェセラヴィに行ってしまいます。

残ったメンバーでエイスケさんの話をしていると、世津子と健太郎さんの話になり・・・

世津子は玉菊という名前の芸者さんで、深川で1位、2位を争うほどの売れっ子芸者でした。

ところが、売れっ子芸者の悲しい話しが・・・

世津子が、どうしてエイスケさんに執着するのか、あぐりちゃんは納得したと思われる。

あぐりちゃんにとって何よりの収穫だったのは、みんなそれぞれに夢や世界を持っていることに気づいたことです。

美佐さんの言うがままに結婚をしたあぐりちゃんにとって、実家の川村家と望月家の世界しか知りませんが、エイスケさんを通して、いろんな人と関わる中で世界が広がって行くと思われる。

感想

あぐりちゃん決心する
エイスケさんに期待をしても仕方がないと、健太郎さんは諦めたのでしょうね。

あぐりちゃんを、このまま一人にしておくのはかわいそうだと、本当に、健太郎さんは良い人。

ところが、あぐりちゃんは、淳之介よりもエイスケさんをとった!

ここで離れたら、一生会えないような気がすると言うのは、わからなくもない。

はかない縁だと感じ、そのはかなさを大切にしたいのだろう。

健太郎さんは、突然のあぐりちゃんの気持ちを尊重して、無茶苦茶良い人!

「夢は夢でしかないんじゃがのう」

ほんとうにやさしい人。

嗅覚はスルドイ森潤
森潤が、あぐりちゃんを励まそうと、やって来たけれど、森潤の言うところの励ますは、たかることでしょう。

今回は、辻村燐太郎に、どじょう鍋、それだけでなく鈴音ちゃん巻き込み、芸者さん遊び!

この調子の良さ!というかウザイ、、

世津子の過去
鈴音ちゃんが、ペロッと世津子と健太郎さんの過去をバラした!

一緒になろうと考えたほどの仲だったのですね。

とは言え、元カレの息子に執着する意味がわからないと思っていたら、世津子が入れあげた男が文士で、世津子をふって他の女と結婚してしまった、その復讐のようなもの。

うーーーーーん、わからなくはない!

よっぽど悔しかったのだと思う。

ともかく、あぐりちゃんには、エイスケさんがいなくても、なんとか世界を広げて生きていけそうで何よりだが、淳之介は?

引用元:

<<前回38話 TOP 次回18話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました