あぐりあらすじ 53話ネタバレ感想 / 千代さんと世津子がバトル? キャスト再放送朝ドラ

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年5月28日(金)

あぐりキャスト

田中美里、野村萬斎、野村宏伸、森本レオ、小林恵、岩本多代、こだま愛、多田慶子、鈴木砂羽、吉本多香美、及森玲子、洪仁順、名取裕子、草笛光子

<<前回52話 TOP 次回54話>>

あぐり あらすじ ネタバレ

あぐりちゃん(田中美里)が長堀喜美子(岩本多代)に、エイスケさん(野村萬斎)の書いた小説の雑誌を渡したことが発端で、世津子(草笛光子)の雑誌への出資を文潮出版が断ってきたのは、世津子の過去が関係していました。

自分のせいで文潮出版が断ってきたと思ったあぐりちゃんは、長堀家へ謝りに行くが、世津子のことを悪く言われて、逆に口げんかしてしまい、世津子に謝ります。

エイスケさんは、自分の小説を売り込んでくれたことをあぐりちゃんに感謝します。
参考:Yahoo!テレビ

スポンサドーリンク

前置きレビュー

順風満帆に思えた世津子が出版しようとしている雑誌に、文鳥出版から圧力がかかり、出版ができなくなりそうです!

せっかく新しい女のための雑誌を出版しようとしているのに、思わぬ横やりが入りました。

千代さんと世津子がバトル?

大人な世津子は、澪つくしの千代さんではなく長堀喜美子のところへ出向きますが、どんなことが理由なのでしょう?

長堀喜美子は、世津子の雑誌に文鳥出版が出資するなら、長堀シュンスケの版権は、すべて引き上げると言うのです!

そもそも世津子と長堀シュンスケの関係は・・・

長堀喜美子は誤解をしていますが、民子ちゃんの恨みよりもはるかに深いです。

長堀喜美子の誤解

鈴音ちゃんの話しによると、今回、長堀喜美子が誤解をしているのは、世津子が、エイスケさんの小説を売り込むために、長堀シュンスケを利用した!というのです。

あぐりちゃんを使って姑息だと言いたいらしい。

さらに長堀喜美子の執念深い恨みの理由には、あぐりちゃんが好きな長堀シュンスケの「烏丸物語」にあるようです。

感想

恨みがましい長堀喜美子
世津子は、長堀喜美子のところを訪ね、誤解を解こうとしています。

おそらく長堀シュンスケと世津子が、昔つきあっていたことを長堀喜美子は、いまだに根に持っているとか?

澪つくしの時の千代さんは、嫉妬をあらわにすることはなかったのにブンスカしてるww

キュートな鈴音ちゃん
世津子は、絶望を感じたのか、愕然としてカフェセラヴィへ帰って来ました。

鈴音ちゃんは、そんな世津子のことを思って、洋髪で!あぐりちゃんの美容院に行きますが、ほんと鈴音ちゃんはキュートでかわいい!!

仕事は?

結局のところ、世津子がどうあがいても、長堀喜美子にとっては、世津子は良い人でないのですね。

だから、あぐりちゃんを使って世津子が推している若い作家を、長堀シュンスケに売り込もうとして姑息だなんて、長堀喜美子の方が下劣なんですけどね。

あぐりちゃんは、世津子の誤解を晴らそうと長堀喜美子のところへ行きますが、アホなことしてくれましたね。

土下座したかと思ったら、結局、食ってかかった!

余計、長堀喜美子は許さないだろうな。

というか、あぐりちゃんって美容師の見習いだよね?

仕事いいの?

洒落物のエイスケさん

エイスケさんの小説を読むとわかりますが、当時のおしゃれ男子だったのだろうと思います。

エイスケさんが美容院へ訪れますが、先輩たちは面白く思わないだろうな。

周りの人の神経逆なでするようなことばかりに思えて、あぐりちゃんの髪結いの修行、ぜんぜん大変そうに思えない。

引用元:

<<前回52話 TOP 次回54話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました