あぐりあらすじ 56話ネタバレ感想 / 真知子ちゃん笑顔で挨拶 キャスト再放送朝ドラ

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年6月1日(火)

あぐりキャスト

田中美里、野村萬斎、野村宏伸、森本レオ、大森暁美、吉野紗香、若林久弥、秋山武史、名取裕子、星由里子、草笛光子、里見浩太朗

<<前回55話 TOP 次回57話>>

あぐり あらすじ ネタバレ

チェリー(名取裕子)が真知子ちゃん(吉野紗香)に話しかけても、真知子ちゃんは取り合わない。

あぐりちゃん(田中美里)が気にして、楽しかったようだ、と伝えても真知子ちゃんの様子が気になるチェリー。

光代さん(星由里子)がエイスケさん(野村萬斎)に、ずっと東京にいるつもりだ、と話す一方、岡山では勇造(若林久弥)が健太郎さん(里見浩太朗)に、受験はやめて望月組を継ぐ、と決意を語ります。

真知子ちゃんは、淳之介を抱いて眠るあぐりちゃんを見て、母の愛の形に気づきます。
参考:Yahoo!テレビ

スポンサドーリンク

前置きレビュー

エイスケさんとの華麗なダンスと違い、辻村燐太郎は、真知子ちゃんをやさしくエスコートして踊ります。

辻村燐太郎と会って、機嫌良く帰って来た真知子ちゃんに、チェリー山岡は、真知子ちゃんの知らない面を知って満足だと思われますが・・・

あぐりちゃんのことを気遣う光代さん

光代さんは、あぐりちゃんのことを思い、エイスケさんに・・・

エイスケさんとしては、いつまで光代さんが東京にいるのか気がかりですが、勝手なことをしているエイスケさんには、光代さんに強く言えません。

勇造が望月組継ぐ事願う

光代さんのいなくなった望月家の夕食は、健太郎さんと勇造の二人だけです。

どこかでも似たようなシーンがあったような。

以前、勇造は東京の学校の入学願書を出すのをやめたので、学校の話はそれっきりになっていたと思ったのですが・・・

ともかく勇造が、一番、望月家のことを真剣に考えていると思われます。

つっかかる真知子ちゃん

あぐりちゃんにとって月に1度の休みがやって来ました。

かわいい淳之介と会える日でもありますが、真知子ちゃんは、あぐりちゃんにヒドイ親だと反発します・・・

今の真知子ちゃんにとって楽しみは、辻村燐太郎と会うこと。

素敵な大人と思春期に出会えるなんて、そうはありません。

世津子たちが、雑誌の企画「職業婦人の輝ける明日」で悩んでいます。

そこへ真知子ちゃんが現れると、エイスケさんは・・・

真知子ちゃんから、チェリー山岡のことをいろいろと聞いたエイスケさんは、真知子ちゃんの話に、働く母親の気持ちを聞いてみようと・・・

真知子ちゃんに、奇跡が訪れるかも。

感想

辻村燐太郎と踊る!

真知子ちゃんは、エイスケさんのみならず、憧れの辻村燐太郎にやさしく促され踊ることになった!

15歳の真知子ちゃんには、これは刺激が強いでしょう!!!

チェリー山岡は、真知子ちゃんが詩に興味を持っていると知ってうれしそうだけど、娘の表面的なところしか見ていないように思える。

と思っていたら、シビアな母のさちさんは、冷たくチェリー山岡に、そんなことよりもっと大事なことがあると、母のさちさんも、大切なことをわかっていそうだけど、冷たく思えるな。

居心地の悪そうな家。

勇造の考え

エイスケさんもあぐりちゃんも光代さんも自由人です。

しかし、勇造は、先のないところで働くことに無気力になっている望月組の人たちのことを思い憂えています。

良かった、まともな人がいて!

望月組の従業員たちが不憫すぎる。

健太郎さんは、望月組のことはあきらめたのか、勇造には車の技師の夢を叶えさせたいと、やさしい人です。

勇造は、けしてエイスケさんにはマネのできない真剣さで、健太郎さんに家の跡を継ぎたいと言ってくれた!

望月組で働く人のためにも、放っておけないと思ったのでしょう!

エライ!!!

途中から、家を継ぐ人だって珍しくないので、頑張れ!!!

素直になった真知子ちゃん
真知子ちゃんは、親なんて子供の事など考えていないと反発心でいっぱいですね。

まぁ無理もない。

エイスケさんは、そんな真知子ちゃんに、あぐりちゃんに話を聞いてみようと言うけれど、あぐりちゃんですか。。。

やっと休みで淳之介と会えたあぐりちゃんと言っても、仕事の疲れで眠ってしまっているけれど、それでも淳之介を大切に思う気持ちはあると言いたいのだろう。

それよりも、真知子ちゃんには、憧れの辻村燐太郎から「君は愛されているんだ」と言葉がけされた方が、影響を受けるのは言うまでもない。

とにもかくにも周りの大人(?)に感化され、真知子ちゃんは、チェリー山岡に「お仕事ご苦労さま」と、やっと声をかけることができた。

真知子ちゃんの、初々しい笑顔だけが印象に残った。

引用元:

<<前回55話 TOP 次回57話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました