あぐり アキ役一色彩子の現在?あらすじ 59話ネタバレ朝ドラ / 光代さんが磯辺また買収 キャスト再放送感想

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年6月4日(金)

あぐり アキ役一色彩子の現在?

光代さんが東京にいる間に、健太郎さんは、新しい女中頭を雇っていました。

いつの間にか”しおさん”は、お里へ帰ったらしい。

新しい女中のアキさんは、しっとりとした美人ですが、アキさんを演じる、一色彩子さんについて、ちょっとまとめました。

名前を一色彩子から、一色采子に改名され、現在でも舞台で活躍されています。

一色采子のきものスタイルBOOK 母のタンス、娘のセンス

一色 采子(いっしき さいこ)

本名;大山 采子

生年月日:1958年10月1日

「あぐり」放送時は、39歳。

父は、日本画家の大山忠作さん。

「はね駒」でおなじみの二本松の出身です。

1987年「あぶない刑事」 第19話「潜入」などで、インパクトを残しています。

スポンサドーリンク

あぐりキャスト

田中美里、野村萬斎、松原智恵子、一色采子、若林久弥、山本晋也、苅谷俊介、星由里子、里見浩太朗

<<前回58話 TOP 次回60話>>

あぐり あらすじ ネタバレ

大正15年正月、勇造(若林久弥)の後継者お披露目式が開かれる。久しぶりに岡山に帰ると、光代さん(星由里子)は健太郎さん(里見浩太朗)とアキ(一色彩子)という新入りの女中との仲が気になります。

勇造はエイスケさん(野村萬斎)に、望月組を継ぐのは自分で決めたことだから半端な気持ちではない、と決意を話し、美佐さん(松原智恵子)があぐりちゃん(田中美里)に会いに来て、美容師になるのを諦めるな、と励まします。

東京へ帰る朝、突然光代さんが・・・
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

大正15年(1926)のお正月、あぐりちゃんはエイスケさんと一緒に過ごすことができました。

とは言え、エイスケさんも光代さんも、健太郎さんから言われたことが引っかかって浮かない様子。

そんな中、あぐりちゃんの一言で、勇造さんのお披露目に出席することになります。

勇造のお披露目

勇造のお披露目が開かれます。

覚悟を決めた勇造に、光代さんは、淡々と受けとめているようですが、エイスケさんは神妙。

みんなで宴会になると、健太郎さんは新しく入った女中頭のアキさんと親し気です。

光代さんは、そんな健太郎さんのことが気になると思われる。

エイスケさんは、勇造にも自由な人生を歩んで欲しいと考えていますが、勇造は、土木業に対し将来性を見出しており、けして後ろ向きではありません。

美佐さんに励まされる

美佐さんと久しぶりに会えたあぐりちゃん。

やはり実母の励ましが、一番の力になると思われる。

美佐さんが成し得なかったことをあぐりちゃんはやろうとし、美佐さんには頼もしく思えるのでは。

光代さんが磯辺また買収

光代さんと健太郎さんの夫婦関係は、すっかり冷え切ったものと思いきや・・・

女中頭のアキさんの愛想の良さに、健太郎さんは、すっかりハマってしまったことを、光代さんは面白く思いません。

自分のいない間に、若い女中頭を入れたことに納得のいかない光代さんは、また磯辺の弱みをちらつかせ・・・

口の軽い磯辺の買収なんて、光代さんにはチョロいもの!

感想

自由にこだわるエイスケさん
勇造のお披露目が終わりましたが、それでもエイスケさんは、勇造に技師にならずバカだと言います。

土木業に将来性を見出し、人それぞれお役目があると思うので、それでいいじゃないかと思う。

勇造のような人がいなかったら、世の中回らない。

美佐さんの思い
久しぶりに、美佐さんはあぐりちゃんと淳之介に会えてうれしいでしょうね。

美佐さんは、健太郎さんに反対されても、美容師の道を諦めないでと、あぐりちゃんの気持ちをわかってくれています。

美佐さんは、晃さんが亡くなった後、娘の学校を卒業させられる甲斐性がないばかりに、望月家に嫁がせくらいしか能がありませんでした。

そんな美佐さんにとって、あぐりちゃんが、頼りのないエイスケさんを当てにせず、自分で美容師の道を切り開こうとする姿に感心するのも無理もないだろうな。

良いご身分な光代さん

健太郎さんへの愛情は冷めたと言っても、当時は、今のように自立できる状況でないから、家庭内別居。

とは言え、働かなくても生活できるのだから、光代さんは良いご身分だと思うな。

健太郎さんへの愛情は冷めても、新しい女中頭が入ったことで、光代さん嫉妬して、かわいいww

老いた元カノの世津子には何にもなくても、若いアキさんには嫉妬するなんて、光代さん女を忘れていない!

磯辺の弱みをちらつかせ、女中たちは嬉々として、お酌を運んできておかしいww

健太郎さんが、アキさんにぞっこんと言っても、光代さんは、健太郎さんに愛想がつきたと言っているのだから、文句は言えないと思うけれど。

それでも、お手つきにさせたくないのか、しっかり自分の立場をマーキングしてから東京へ行くつもりだなんて、やっぱり勝手な人!

引用元:

<<前回58話 TOP 次回60話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました