あぐりあらすじ 69話ネタバレ感想 / 復帰喜ぶ?エイスケ帰る キャスト再放送朝ドラ

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年6月16日(水)

あぐりキャスト

田中美里、野村萬斎、野村宏伸、菅井きん、鈴木砂羽、吉本多香美、多田慶子、及森玲子、川俣しのぶ、名取裕子、草笛光子

<<前回68話 TOP 次回70話>>

あぐり あらすじ ネタバレ

昭和3年夏。あぐりちゃんは3か月の入院生活を終え、家に帰ってきていました。

静養しないと、と隣のうめさん(菅井きん)や春子(川俣しのぶ)がなんでもやってしまうので、退屈なあぐりちゃん。

世津子(草笛光子)の店やチェリー(名取裕子)の美容室に顔を出すが、早く帰れと言われてしまいます。

あぐりちゃんは、軽い仕事ならやってもいい、と医者が言ったとうそをついて美容室で働くが、世津子にそんなはずはない、と言われたチェリーは、あぐりちゃんを追い返します。
参考:Yahoo!テレビ

スポンサドーリンク

前置きレビュー

退院したものの

昭和3年(1928年)夏、あぐりちゃんは3か月の入院生活から解放されましたが、淳之介は、岡山に預けられています。

エイスケさんは相変わらずで、生死をさまようほどの重体になったあぐりちゃんが生還したとは言え、病み上がりのあぐりちゃんを放って家にいません。

お隣さんが、あぐりちゃんの体のことを心配してくれるところが救い。

ともかく生還できたことがうれしいというよりも・・・・じっとしていられないあぐりちゃんは・・・

マネキンのクラブ

あぐりちゃんは、チェリー山岡のところへ行きます。

ちょうど、チェリー山岡は、洋髪の宣伝のために、マネキンのクラブをつくることになりました。

新しいことに常にチャレンジするチェリー山岡ですが、あぐりちゃんの体を気遣い・・・

誰しも病み上がりのあぐりちゃんを思い、まともに相手にする人はいません。

甲斐甲斐しくしてくれるのは、エイスケさんではなくお隣さん。

どうでもいい話

実話では、吉行あぐりさんが退院すると、エイスケさんは世田谷の借家で生活をしていて、淳之介と姑が、お見舞いに来てくれていたそうです。

感想

ノー天気
今にはじまったことではないけれど、生死をさまようほどの重体になったはずなのに、退屈以外の感情や思いなどなかったのか、そこから生還したことが、とても軽く思える。

世津子は、あぐりちゃんには1年の療養が必要だとわかっていたとは言え、誰もエイスケさんの好き勝手を批難する人はいない。

あぐりちゃんが勝手に「みんなが復帰を喜んでいる」と思い、美容院へ行くと、みんなよそよそしい態度。

あぐりちゃんのノー天気は、今さらだけど、何もよそよそしい態度でなくても、ちゃんと説明して帰宅させるようにすれば良いのに、陰湿に思える。

その穴埋めのようにされているおうめばあさん。。。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回68話 TOP 次回70話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました