チェリー山岡あぐりモデルの山野千枝子画像?山野愛子の関係は?プロフ!

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


朝ドラ「あぐり」で名取裕子さん演じるチェリー山岡のモデルとなった山野千枝子さんについて、まとめました。

チェリー山岡あぐりモデルの山野千枝子画像?

チェリー山岡あぐりモデルの山野千枝子画像?山野愛子の関係は?プロフ!
ドラマでは、あぐりちゃんが、チェリー山岡のつき人として、衣装を持ち歩きますが、実際、山野さんは、とてもおしゃれで、衣装をいっぱい持って、いつも着替えていたらしいです。

ところが、山野さんは、日本女性が大和撫子であることを重視し、髪を切ってはいけない、洋服を着ることも許さなかったそうです!

吉行あぐりさんが、お弟子さんになった時は、山野さんのお友達3人が、山野さんから技術を取得し、お店を仕切っていたそうです。

山野千枝子 山野愛子の関係は?

山野と聞くと、テレビで活躍されていた山野愛子さんを思い出すのですが、山野千枝子さんの旧姓は三沢で、神奈川県横浜市出身です。

山野千枝子さんは1895年 (明治28年) 生まれ、山野愛子さんは14年後の1909年1月20日生まれで、東京・向島出身です。

ドラマの資料提供で山野愛子さんの孫にあたる山野愛子ジェーンさんの名前が出てきますが、山野千枝子さんと山野愛子さんの血縁関係はないと思われます。
(この山野愛子ジェーンさんの従弟に品川庄司の品川祐さんがいます)

山野愛子さんの美容室が下の方に。

若かりし草笛光子さん

山野千枝子プロフィール

1895年 (明治28年) 3月11日生まれ

※吉行あぐりは明治40(1907)年生まれ

現在のパーマネントの前進のマルセルウェーブの普及に努めます。

コテを使ってウェーブを出すのですが、大変力を必要とし、アメリカでは男がやるものと決まっていたそうです。

電気式が出てきたのは、昭和5~6年ごろから。

美容師という言葉を山野さんが、初めて使いました。

日本製のパーマネントの機械を開発したり、赤外線による美顔術、脱毛法、美容体操・整体術なども発表しています。

また、ファッションモデルの前身である「マネキンクラブ」も創設し、養成や斡旋もします。

一旦事務員に就いた後、神戸高等家政女学院に入学、1913年(大正2年)に卒業します。

1913年(大正2年)に、写真結婚(お見合い結婚?)で、化粧品をつくる仕事をしている山野末松氏と結婚し渡米。

美術雑貨商などをしながら、ワナメーカー・ビューティースクールで美容技術を取得します。

1922年(大正11年)、帰国します。

1923年(大正12年)3月、東京駅前にできて間もない丸ノ内ビルヂング内に、「丸ノ内美容院」を開店します。

1929年(昭和4年)、大日本美容協会を創設。

1946年(昭和21年)、全日本美容連盟を創設。

1954年(昭和29年)、東京美容国民健康保険組合を創設(理事長に就任)。

1950年(昭和25年)からは、東京高等美容学院の院長も務めた

1970年 (昭和45年) 2月11日75歳でお亡くなりになられています。

名取裕子の若い頃昔の画像は?肥満で脂肪肝ってほんと?
名取裕子さんというと、着物を着て演じる役が多いせいか、和服のイメージが強いです。 デビュー当時から、顔だちが大人っぽかったので、年齢を重ねても、それほど昔と変わらない印象で大好きな女優さんの一人です。 名取裕子の...
スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました