あぐりあらすじ 76話ネタバレ感想 / 小林里子が2番目内弟子 キャスト再放送朝ドラ

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年6月24日(木)

あぐりキャスト

田中美里、野村萬斎、野村宏伸、細川ふみえ、鈴木砂羽、三浦理恵子、小林恵、高橋克実、鎌田佳祐、草笛光子

<<前回75話 TOP 次回77話>>

あぐり あらすじ ネタバレ

ようやくパーマネント機の技術者が説明に来てくれる日が来て、あぐりちゃん(田中美里)たちは誰が実験台になるかで揉めるが、弟子のとめ(細川ふみえ)にウェーブをかけて、成功して喜ぶ一同。

そこに警官(高橋克実)が過日の泥棒、沢子(三浦理恵子)を連れてくる。沢子があぐりちゃんにかばってくれたお礼を言うと、あぐりちゃんは生まれ変わるために、と沢子の髪を切ります。

感動した沢子が弟子になりたかった、と泣くと、あぐりちゃんは一緒に働こうと・・・
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

とめさんモデルに

配線を整え、やっとパーマネント機が使えるようになりましたが、問題は、最初の実験台を誰がやるかです。

電気を使っているので、みんな戦々恐々。

率先してモデルになる人はいませんが、白羽の矢が立ったのは、見習の太田とめさん。

外人の指導員が来て、パーマネント機を使うことになりますが、意外なことに辻村燐太郎がドイツ語の通訳を!

落ち着きのなさそうな太田とめさんですが、なんとかおとなしくモデルを務めます。

そして、いよいよ電源オン!

小林里子が2番目内弟子

警官に連れられて、あぐり美容院に盗人に入った小林里子が、あぐりちゃんにお礼を言いたとやって来ました。

あぐりちゃんは、未成年の小林里子を、自分の弟子だからとかばい、被害届は出しませんでした。

それだけでも小林里子には十分だと思われますが、さすが弁護士の娘なだけあり、ここでもあぐりちゃんは、小林里子の人生を後押しすることに・・・

どうでもいい話

辻村燐太郎は、いつの間にか、ドイツ語ができる設定。

管理人は、勝手に辻村燐太郎のモデルは、武田麟太郎さんだと解釈しているのですが、武田麟太郎さんは、東京帝国大学文学部仏文科なので、ドイツ語ができる設定はありなのかな。

感想

緊張のパーマネント機のモデル
パーマネント機のモデルを見習いの太田とめさんが務めることになりました。

このメンバーを考えたら、仕方がないだろうな。

道具を見ていると、余計な熱で、頭皮がやけどしたりしないのか怖い、、、

髪の毛をセットして、電源オン!

いきなり熱くなるなんてことは、なかったみたい。

チリチリになったらイヤだけど、なんとかキレイになって良かった!

ふだんは落ち着きない太田とめさんが、おとなしくしてくれて良くやった!

罰することも大切だが
難しいところですが、もちろん然るべき罰することも必要なことではあるけれど、あぐりちゃんは、未成年の小林里子のしたことを、自分の弟子だからと許します。

また侵すかもわからないのに、それでも信じようとするあぐりちゃん。

しかも、小林里子が本当に生まれ変われるようにと、断髪にしました。

モダンな髪型にすることで、古い自分との決別する断髪は、小林里子に新しい人生を歩ませてくれるようです。

あぐりちゃんの人の好さよりも、管理人としては、中野辰子が受ける人生の理不尽さの方が気になる。

元はあぐりちゃんの先輩なのに、資本力のある婚家がバックにいるあぐりちゃんの美容院のために先生と呼び、助っ人をするだけでも理不尽だろうに、あぐりちゃんの傍若無人とも思える行動に従わないといけないなんて、自分だったらバカバカしくてやめそう。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回75話 TOP 次回77話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました