あぐりあらすじネタバレ 90話朝ドラ / ルパシカすれ違い夫婦? 感想キャスト再放送

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年7月10日(土)

<<前回89話 TOP 次回91話>>

前置きレビュー

それぞれの成長

淳之介が小学2年生になりました。

あぐりちゃんは、東京の京橋に支店を出すことになり、エイスケさんは、次々と作品を出してと、それぞれに頑張っています。

昭和8年(1933年)2月、プロレタリア文学の小林多喜二が、警察署内で拷問を受け亡くなりました。

同じプロレタリア文学の川原は、お酒で荒れています。

そこへいつもの調子でエイスケさんが現れますが・・・

ルパシカなエイスケさん

淳之介は、小学校4年生になりました。

お友達を連れて、エイスケさんの部屋へ入ります。

淳之介には、作家のエイスケさんは自慢だと思われるが、ルパシカ姿のエイスケさんが現れると・・・

授業参観

淳之介の学校の授業参観があるというのに、あぐりちゃんは、仕事で出られません。

光代さんが授業参観へ代わりに行きますが、淳之介は浮かない様子。

ところが・・・

すれ違い夫婦?

エイスケさんは、淳之介の小学校4年生のお祝いにあぐりちゃんとご飯に行こうと予定していますが、あぐりちゃんは・・・

エイスケさんは、普段から勝手なことをしているので自業自得な感じですが、淳之介が不憫。

あぐりちゃんは、カフェセラヴィに行き、世津子と話をしていると・・・

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回89話 TOP 次回91話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました