あぐりあらすじネタバレ 96話朝ドラ / 世津子逃亡!婦人現代最終号 感想キャスト再放送

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年7月17日(土)

<<前回95話 TOP 次回97話>>

前置きレビュー

婦人現代止める?

森潤がいなくなってから2週間経ちました。

世津子は、光代さんにも記事を書く依頼をしています。

森潤が逃亡したことで、それをかばった世津子にも逮捕状が差し伸べられました。

世津子はプロレタリア文学も新興芸術にも、どちらも自由に受けとめていた人です。

大骨が、いなくなってしまうことは、文士たちにとって大きな痛手です。

世津子も逃亡

鈴音ちゃんの金毘羅船々 (こんぴらふねふね)は、香川県に伝わる民謡なのだそうです。

金毘羅船々 (こんぴらふねふね)

粋なお座敷遊びで、エイスケさんと辻村燐太郎が楽しんでいると、世津子が、森潤をかくまったことを打ち明け、仲間として逃亡することを告げます。

管理人の勝手な予想では、パスポートがなくても外国人が身元を調べられなくても行かれた上海へ逃亡なのでは?

婦人現代の最終号

世津子が逃亡した後、マスターの高山から、辻村燐太郎に編集帳、民子ちゃんに編集を頼みます。

辻村燐太郎は、覚悟をしていたのか、淡々と原稿を集めます。

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回95話 TOP 次回97話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました