あぐりあらすじネタバレ 100話朝ドラ / 淳之介の秘密民子の旦那 感想キャスト再放送

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年7月22日(木)

<<前回99話 TOP 次回101話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

受験心配する光代さん

昭和11年(1936年)2月、淳之介は、中学受験を控えていますが、安吉君は、新潟にいる親戚のところへ大工の修行に行く予定です。

尚ちゃんは、お父さんが建築家なので、将来は、自分も丸ビルよりも大きな建物を建てることが夢です。

淳之介は、何のために進学をするのか、まだあまり実感がないようです。

もっともあぐりちゃんは、淳之介の受験に、あまり関心がなさげ。

そんなあぐりちゃんに、ここのところ存在が薄い光代さんは色々と口出しします。

淳之介の秘密

淳之介は、あまり夕飯を食べないと光代さんは心配しています。

受験を前に、食欲をなくしているのかと思いきや・・・

淳之介は、あぐりちゃんが思っている以上に大人なのかもしれません。

受験前夜

あぐりちゃんは、エイスケさんから淳之介に、受験について励ましの言葉をかけて欲しいと願っています。

淳之介は良い子に育っているので、何の疑問も持つことはなさそうです。

淳之介の受験前夜、貧乏な安吉君の家の晩御飯とはエライ違いの食卓。

民子ちゃんの旦那

そんな中、民子ちゃんの旦那さんが、手紙を持ってやって来ました・・・

神妙な面持ちの旦那さんの手紙の内容が気になる、、、

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回99話 TOP 次回101話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました