あぐりあらすじネタバレ 102話朝ドラ / 遠距離写真安吉君が新潟 感想キャスト再放送

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年7月24日(土)

<<前回101話 TOP 次回103話>>

前置きレビュー

民子ちゃんの決意

離婚を考えていた民子ちゃんは、夫の自殺を機に、人生をあらためて考え直したようです。

遠距離写真

エイスケさんは、子供たちを相手に、新聞の記事から未来の予想を話します。

学校では学べない話に、子供たちは、何を思うでしょう。

反パーマネントキャンペーン

あぐりちゃんの美容院が順調にいっているのかと思いきや、それに反発する人たちがいます。

小説のスランプもあってかエイスケさんは憤りますが、そこはエイスケさん。

サッと気分を変え・・・

安吉君が新潟

安吉君が、新潟へ行くことになりました。

エイスケさんの話を聞いた安吉君は、将来便利な世の中になったら、宮大工など必要がなくなるのではと心配します。

そういう心配、今でもあります。

エイスケさんは、常に子供たちにとって夢と希望を与えることを考えていると思われる。

どうでもいい話

エイスケさんは、新興芸術派の作家として活躍していましたが、それぞれの作家の主義主張は様々で、一貫したものがあったわけではないそうです。

ただ文学は、政治や党派から自由でありたいとう考えだけで、昭和6年には解散してしまいます。

エイスケさんの書斎には、経済雑誌の「東洋経済」や「ダイヤモンド」などがあり、国際情勢など感心が高く、徐々に社会性の強い小説も見られるようになります。

昭和4年(1929年)には世界大恐慌、昭和7年(1932年)には、第一次上海事変など、物々しい中、昭和8年に自ら筆を折ることになります。

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回101話 TOP 次回103話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました