あぐりあらすじネタバレ 103話朝ドラ / エイスケさん株の投資車 感想キャスト再放送

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年7月26日(月)

<<前回102話 TOP

前置きレビュー

昭和12年、盧溝橋事件をきっかけに勃発した日中戦争のおかげで、贅沢なこと、パーマネントは自粛するようにと勧告を受け、物々しい時代になって来ました。

エイスケさん株の投資車

昭和13年(1938)春、エイスケさんは、小説を書くのをやめ、株の投資で羽振りが良さそうです。

ところが淳之介は、エイスケさんが小説を書くことをやめたのは、相当ショックのよう。

エイスケさんは、株にのめり込んで派手な様子ですが、作家としての活動を止めてしまい、辻村燐太郎は惜しみますが・・・

いやがらせ

パーマネントの自粛を受け、お店に嫌がらせの貼り紙がされます。

それはあぐりちゃんのお店だけではありませんでした。

お店は、すっかり暇になってしまいましたが・・・

穴を埋められない

小説を書くことを止めたエイスケさんに、光代さんは呆れます。

自由に仕事ができなくなったあぐりちゃんは、そんなエイスケさんの気持ちに寄り添います。

自由でない状況に、ささやかでも夢をつなごうとするあぐりちゃんは、エイスケさんを説得しますが・・・

あぐりちゃんは、エイスケさんを奮い立たせることができず、歯がゆい思いをすることになりそう。

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回102話 TOP

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました