あぐりあらすじネタバレ 110話朝ドラ / 辰子妊娠池田諒子と再会 感想キャスト再放送

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年8月3日(火)

<<前回109話 TOP 次回111話>>

前置きレビュー

思春期?

淳之介が、突然静岡の学校を辞めて家に帰って来ました。

父親のいない男の子の思春期とあって、あぐりちゃんには手に負えないでしょうと思っていると、光代さんは、辻村燐太郎に相談したらと提案します。

口うるさい隣組

昭和18年、戦争が厳しい状況になり、隣組の班長さんが、口うるさく、あぐりちゃんの美容院を批難します。

光代さんは、矢面に立って、丁重に対応。

珈琲世良美

戦時中なので、外来語禁止となったのか、「カフェセラヴィ」が「珈琲世良美」になりました。

昼間店を開けて、夜は閉めて酒抜きで頑張っている・・・令和の時短営業とかぶる。

高山ヒロシは、辻村燐太郎と記者の今村つた子との関係を心配します。

辰子さんおめでた

いつの間にか、辰子さんは結婚をしていて、旦那さんは南方の戦地に行っている。

そして、おめでた!

淳之介が学校を辞めたい理由

辻村燐太郎は、淳之介が作家になりたいことを理解しています。

ところが、あぐりちゃんは、エイスケさんのことがあるので、淳之介が小説を書くことを快く思っていません。

辻村燐太郎は、小説を書いていると言っても、戦時中です。

本当に好きなことを書いているわけでないので、淳之介には、学校を辞めることを早まって欲しくないと説得します。

池田諒子と再会

淳之介が、光代さんに頼まれてヴァイオリンの片桐先生のところへ行くと、そこには、あの池田諒子が!

ときめきな感じが始まりそう。

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回109話 TOP 次回111話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました