あぐりあらすじネタバレ 111話朝ドラ / 淳之介が小説書いている 感想キャスト再放送

あぐりあらすじネタバレ 132話朝ドラ / エイスケの背中?池田諒子に触発された? 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年8月4日(水)

<<前回110話 TOP 次回112話>>

前置きレビュー

淳之介のときめきが始まりますが、それにしても淳之介の同級生たちが・・・

マドンナ?

ハキハキした世話女房のようになってしまった池田諒子は、光代さんのヴァイオリンの片桐先生の妹の孫!

JKのはずなのに、世間慣れしているし。

池田諒子には、ある望みがありました・・・

みんなの憧れのマドンナがいるとは知らず、南くんや尚ちゃんが、淳之介の所を訪ねて来ます。

ちょうど、そこへ・・・

淳之介の恋に花が咲くかと思っていたら、そう簡単にはいきそうにありません。

口うるさい班長さん

あの口うるさい班長さんが、あぐりちゃんの美容院のことだけでなく、淳之介たちのことにまで突っ込んできました。

でしゃばり太田とめさん

尚ちゃんは、みんなには抜け駆けするなと言っておいて・・・

ズルいのは、相変わらずのようです。

太田とめさんが、淳之介が小説を書いていることに気づき、あぐりちゃんに打ち明けます。

あぐりちゃんは、命を削るようにしてまで小説を書いていたエイスケさんを思うと、淳之介には、同じ思いをさせたくありませんが・・・

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回110話 TOP 次回112話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました