あぐりあらすじネタバレ 118話朝ドラ / あぐり美容院が立ち退き 感想キャスト再放送

あぐり 最終回あらすじ156話ネタバレ 朝ドラ / 光美堂の副社長を辞任! 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年8月12日(木)

<<前回117話 TOP 次回119話>>

前置きレビュー

尚ちゃん身を引いた?

昭和20年3月10日、あぐりちゃんの美容院は無事でしたが、東京大空襲で下町は壊滅状態です。

そこへ沢子さん目当ての軍人さんが、またやって来ました。

淳之介は、喘息により戻って来ましたが、静岡の高校を卒業すると、帝大の英文科に入学が内定。

再び徴兵検査に合格して、徴集を待つ身となっています。

池田諒子とは、結局、尚ちゃんではなく淳之介と続いている模様。

光代さんと片桐先生の関係?

3月10日の大空襲で、大勢の犠牲者が出たことで、光代さんは、ヴァイオリンの片桐先生の身を案じています。

たとえどうあれ光代さんの好意に対し、片桐先生は、健太郎さんのことを考え、分別ある関係でいようとしています。

そんな片桐先生に対し、光代さんは・・・

疎開

とうとう和子ちゃんたちが、疎開することになりました。

学童疎開なら、学校単位で疎開できますが、和子ちゃんは喘息があるので、学童疎開はできませんでした。

幸い、あぐりちゃんのお客さんの紹介で、片瀬海岸でお世話をしてくれる家に行くことになりました。

「おしん」の禎ちゃんのようにならないと良いですが・・・

沢子さん結婚決まる

とうとう軍人さんとの結婚が決まった沢子さんですが、沢子さんには親がいないので、結婚式を挙げるつもりはありません。

あぐり美容院が立ち退き

空襲に備えて、駅の前の道路を拡張することになり、あぐりちゃんの美容院が、立ち退き命令を受けてしまいました。

あぐりちゃんは、明るく気丈です。

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回117話 TOP 次回119話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました