あぐりあらすじネタバレ 120話朝ドラ / 淳之介の守護霊さまが? 感想キャスト再放送

あぐり 最終回あらすじ156話ネタバレ 朝ドラ / 光美堂の副社長を辞任! 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年8月14日(土)

<<前回119話 TOP 次回121話>>

前置きレビュー

淳之介の守護霊さまが?

空襲警報がなる中、淳之介が片桐先生のところに行こうとした、その直後に・・・

なんともなくて良かった・・・

ところが防空壕の中では、いよいよ危なくなり、みんなで逃げることになりましたが、太田とめさんが、防空壕の中に通帳を置いてきてしまいパニック!

やさしい淳之介は、みんなを先に逃がして、燃え盛る中、太田とめさんの通帳を取り出そうとしていると・・・

班長さんの意外な面?

焼けつくされる街並みに、口うるさい班長さんは・・・

そんな班長さんを尚ちゃんの話によると・・・

片桐先生の行方

淳之介が、片桐先生の消息を確かめましたが・・・

太田とめさんの所へ

すっかり焼け出されてしまいましたが、淳之介は学校があるので、尚ちゃんの下宿で世話になることになります。

あぐりちゃんは、どうしようか迷っていると、太田とめさんの田舎に来るようにと言ってくれます。

どうでもいい話し

5月25日の空襲は、吉行あぐりさんにとって、恐ろしく忘れられないものだったそうです。

吉行淳之介さんの「焔の中」で、その時のことがつづられていますが、若い女中さんが、太田とめさんよろしく、取り乱している様子がわかります。

あぐりさんは、人の上に立つ立場として、それでも落ち着いていたのかもしれませんが、若い女中さんには、空襲は堪えられないほどの恐怖だったと思います。

ドラマで太田とめさんが、しきりと通帳のことを心配していましたが、若い女中さんの取り乱すようすを通帳に置き換えわかりやすい表現かもしれない。

あぐりさんは、防空壕に入る気にはならなかったそうですが、実際、お屋敷町で一番立派なお屋敷の家の人が、防空壕で全員亡くなったとのこと。

一体、防空壕に避難すれば助かるとは、どういった経緯で広まったのか。

令和のワク〇ンを連想してしまうのは余計なことですね。

ともかく、岡山へ疎開すればいいのにと思いますが、実際、岡山へ帰るように言われたそうですが、岡山へ帰ったら、二度と東京へは出てこれないと思い、山梨へ疎開したそうです。

P D BOOKS 焔の中

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回119話 TOP 次回121話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました