あぐりあらすじネタバレ 130話朝ドラ / 淳之介は女学校で英語の先生!世津子と再会 感想キャスト再放送

あぐり 最終回あらすじ156話ネタバレ 朝ドラ / 光美堂の副社長を辞任! 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年8月26日(木)

<<前回129話 TOP 次回131話>>

前置きレビュー

昭和21年(1946)12月、岡山で光代さんの四十九日の法要が行われたのは、あぐりちゃんが東京へ戻って2か月過ぎたころです。

あぐりちゃんは、東京で美容教習所で働いています。

今日は、昔馴染みの人が、続々と登場します!

淳之介は女学校で英語の先生!

淳之介は、大学を休学して逗子の女学校で英語の先生として働いています。

巻き舌がネイティブ並みにうまい淳之介は、英語の授業をしていますが、女生徒たちはの反応が・・・

沢田稔の展望

パンパンガール相手の美容院も戦後は増えたらしいが、チェリー山岡は、米軍の奥さん相手に、相変わらず忙しく活躍していると思われる。

沢田稔は、あぐりちゃんのおかげで、戦争未亡人のための美容教習所はとても評判だと満足気です。

勢いに乗ったのか、美容師の専門学校に発展させると意気込んでいますが・・・

吉行和子さんが再び

吉行和子さん演じる平山真佐子が、あぐりちゃんを訪ねて来ました。

世津子と再会

カフェセラヴィの高山さんが、カフェセラヴィを新しく開店することになりました。

そこへ12年ぶりに現れたのは、世津子!

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回129話 TOP 次回131話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました