あぐりあらすじネタバレ 131話朝ドラ / ヤマンバ!淳之介が女学校を辞める 感想キャスト再放送

あぐり 最終回あらすじ156話ネタバレ 朝ドラ / 光美堂の副社長を辞任! 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年8月27日(金)

<<前回130話 TOP 次回132話>>

前置きレビュー

戦争のおかげで

12年ぶりに世津子と再会を果たせたあぐりちゃん。

世津子は、最後に会った時のエイスケさんのことを語り出します。

そこへ子供ができた辻村燐太郎が現れます。

エイスケさんが行き来していたころの上海と違い、世津子が逃亡したころの上海は、大変だったと思われる。

辻村燐太郎は、世津子に文士の卵の世話をしてもらえないか頼みますが、世津子は・・・

以前の艶やかで活気に満ちた世津子は、いなくなってしまったかも。

辻村燐太郎の嫁のつた子の話では、戦争のおかげで、辻村燐太郎は、作品が書けなくなってしまった。

世津子は変わっていない

あぐりちゃんは、沢田稔からの美容師の専門学校の話を迷い、世津子に相談しようとしますが、辻村燐太郎は、世津子は変わってしまったと諦めの様子。

ところが、森潤は違いました!

淳之介が女学校を辞める

あれれ?せっかく女学校で人気教師として活躍するのかと思いきや、学校を辞めることになってしまったなんて早すぎる~!

その理由が、さすがエイスケさんの息子なだけあった!が、相手は素人さんばっかり!

ヤマンバ!

淳之介の処分の会議が行われることになり、淳之介の代わりにあぐりちゃんが学校へ行き、学校の在り方に異議を申すと、そこへ現れたのは・・・

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回130話 TOP 次回132話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました