あぐりあらすじネタバレ 151話朝ドラ / 淳之介が芥川賞を受賞? 感想キャスト再放送

あぐり 最終回あらすじ156話ネタバレ 朝ドラ / 光美堂の副社長を辞任! 感想キャスト再放送 あぐり

スポンサドーリンク


2021年9月20日(月)

<<前回150話 TOP 次回152話>>

前置きレビュー

順調なあぐりちゃん

昭和27年(1952)1月、あぐりちゃんが再婚して3年が経ちました。

ビューティーサロン光美堂も順調です!

淳之介の書いた「原色の街」が芥川賞候補に選ばれ、最終選考会の発表がされることになっていました。

原色の街・驟雨(新潮文庫)

きっちりしているイメージの世津子ですが、意外にも・・・

真っ当なのは、やはり辻村燐太郎くらいかも。

林家の人たちは、淳之介が芥川賞の受賞することを期待しています。

期待しているのは、林家の人たちだけではありません。

肝心の淳之介は

関東大震災の時、岡山の人たちが、エイスケさんの消息で心配していたら、青森にいたことがありましたが、淳之介もまた・・・

森潤は、だいたい想像の通りだと思います。

淳之介が芥川賞を受賞?

エイスケさんは、ベストセラーになる作品を生み出すこともなく亡くなってしまい、跡を継ぐように淳之介が小説を書くことになりましたが、エイスケさんが到達することのなかった芥川賞に一歩近づいた淳之介。

あぐりちゃんにとって、小説とは何なのでしょうね。

感想

感想欄は放送後になります。

引用元:

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき

<<前回150話 TOP 次回152話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました